阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(後編)今年ブレークの選手は誰?

スポンサードリンク







この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

こんにちわ、虎吉です。

先ず最初に金本監督の野球殿堂入りが

決定しましたね。

この場を借りておめでとうございます。(´^∀^`)

 

実に誇らしい!

金本監督と並び共に殿堂入りをした

松井さんや原さん瀧正さんなどもおめでとうございます。

 

さて本題ですが

この前の続きですね。

 

阪神タイガースの今年2018年にブレーク

しそうな期待の若手野手の予想の

第2弾、後編となります。

 

それでは今回も行ってみましょう。

スポンサードリンク

 

阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(野手編)

前回の前編は比較的知名度がある選手を選定

していましたが今回の後編では冒頭以外では

知名度がそこまでまだ高くない選手ばかりで

構成しました。

 

今年か近い将来ブレークしそうな

可能性のある選手をピックアップして

いるのでそれなりには楽しめると思います。(´^∀^`)

 

阪神って以前からピッチャーの育成には

定評のあったチームでしたが

野手育成の成果は今ひとつでした。

 

しかし中谷、大山が出てきた事により

課題であった生え抜きの野手の育成にも

一定の成果が出始めましたね。

 

どちらかと言うとこれまでのFA型の

チームカラーから広島の様な育成型の

チームに変容しようとしている途中なのだと思います。

 

まあ、広島やソフトバンク、日本ハムに

代表される様に強いチームは例外なく

高い育成システムをもっています。

 

個人的にプロ野球界の流れとしては

強いチームのトレンドは

育成力が必須条件となってくるでしょう。

 

今回紹介する選手達はこれからの

育成の阪神を担う世代の象徴です。

 

糸原健斗

糸原健斗内野手は同じく阪神の

高山俊、坂本誠志郎選手の明治大学の

1学年先輩に当たり

高山、坂本が大学からプロ入りしたのに

対し糸原選手は大学ではプロ志望届を出さず

そのまま社会人の強豪であるJX-ENEOSに

進みます。

 

本人的には社会人野球で2年頑張って

ドラフトにかからなかったらプロは諦めて

社会人野球に骨を埋める覚悟だったそうです。

 

そして大学の後輩であるチームメイトの

高山、坂本に遅れる事1年で

阪神からドラフト5位で指名され入団しました。

 

攻撃型野手

糸原選手の特徴を一言で形容すると

実戦向き攻撃型野手と言う事です。

 

先ず彼の良いところはプロの速球に

力負けしない事です。

 

アマ時代は強打で慣らした野手の選手も

プロに入り本物のストレートに力負け

しまうのは最初はよくある事なのですが

最初からプロの速球に対応できていましたね。

 

そして左投手も苦にしていない事も

大きく速球だけではなく

プロの変化球にも対応できる

正に攻撃型の選手であります。

 

その証拠に去年は新人ながら開幕一軍

入りを果たし昨年の甲子園での7月9日の

巨人戦でもサヨナラヒットを打つなど

順調にキャリアを積み重ねていましたが

同月19日の広島戦に於いて守備で

右膝を怪我をして登録を抹消されそのまま

シーズン中は戻って来れなかったのが

悔やまれますね。

 

しかしCSでは復帰し代打でヒットを

打つなど今後の活躍を予感させる働きを

してくれました。

 

課題

糸原選手の課題としては

打撃も良い、肩も強い、足も速い

と三拍子揃っていますが

それは攻撃にフォーカスした場合の話です。

 

つまり攻撃型であっても守備型ではないと言う事です。

 

例えばDeNAに大和選手の様に守備職人と

比べても守備力は大きく見劣りします。

 

鳥谷選手と比べてもそうです。

 

確かにグラブ捌きも上手くスローイングも

良いのですが

試合では簡単なゴロを後逸したりしていました。

 

守備に関しては若いしこれからの

成長に期待したいですが

試合でショートで使われた事もありましたが

シュートとしては守備範囲は広くないので

プロでやるのなら阪神ならセカンドで上本

と勝負が良いと思います。

 

それに守備負担の高いショートよりも

セカンドの方が彼の打撃を生かせるでしょう。

 

上本も実力のある選手ですが

年間通じて試合に出られる体力、スタミナ

に不安があり更にオフに右足首を手術して

いるので今季は開幕に間に合うとは思いますが

現時点では春季キャンプやオープン戦など

見てみないと分からない部分があり

やはりまだ不安要素があります。

 

なので糸原が控えていれば上本に無理させる

事なく使う事ができるので

右の上本に左の糸原がセカンドの

ポジションをカバーしてくれればチームに

とっても大きいでしょう。

 

糸原選手にかかる期待は大きいので

今季の活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク

 

植田海

植田海選手は去年のシーズン中の

8月末に出場を果たすと

そのままショートの守備固め、代走要員

として1軍に定着し存在感を示しました。

 

高校を一度中退して他校に入り直し

紆余曲折を経て阪神から2014年のドラフトで

5位指名され入団した苦労人でもあります。

 

守備型野手

植田選手は攻撃型の糸原選手とは

違い完全な守備型の選手で

守備や走塁に関しては完全に

一軍のレギュラーレベルなのですが

打撃が非力で今後彼がショートのレギュラー

を奪取するのであれば打撃力の向上が

必須条件となってきます。

 

DeNAに行った大和タイプですね。

まあ大和程万能ではなくあくまでも

ショートや二遊間に限定した話ですが・・

 

本人もその事を自覚しており

入団後に右打ちからスイッチヒッターに

転向するなどしまた毎年台湾で開催される

アジアウインターリーグに去年は

阪神の選手として出場予定でしたが

体作りを優先する為に出場を見送り

体作りの自主トレに励んでいました。

 

今年の阪神のショートは西岡剛選手と

植田選手で競争になると思いますが

現時点では実績や打撃の実力からして

西岡選手が有利でしょうが

西岡選手も怪我に愛されていると

言っても過言ではない位に近年は

怪我しまくっているのでフル出場となると

やはり不安が付きまといます。

 

オフに体作りに励んだ植田選手が

どれだけパワーが付いたのかが

気になるところですが

糸原選手みたいに力強い打撃が

できる様になるとショートのレギュラー

の奪取は糸原選手同様に見えてくるでしょう。

 

期待したい若手野手の1人です。

 

島田海吏

昨年のドラフトで阪神からドラフト4位

で指名を受け入団した期待の若手野手です。

 

50m走5秒8、一塁到達タイム3.9秒台と

脅威の脚力を誇り

肩も強く打撃もバットコントロールが

巧く広角に打ち分ける事ができます。

 

中学時代にはあの陸上の桐生祥秀選手にも

100m走で勝った事もあるほどであり

レッドスターと言われた虎のスピードスター

である赤星憲広さんの背番号53番を

引き継いだ事からもその期待の大きさが伺えます。

 

阪神の外野は福留、糸井、俊介、中谷、緒方

と競合のライバルが多いですが

守備固めや代走要員としてなら一年目から

でも一軍で活躍できると思います。

 

ただ島田選手にはその様なスケールの

小さい選手にはなって欲しくはないですし

本人もそのつもりはないと思います。

 

将来的にはやはり外野のレギュラーを

奪取して赤星さん以来出現していない

虎の新たなるスピードスターとして

球史に残る選手になって欲しいと思いますね。

スポンサードリンク

 

熊谷敬宥

熊谷敬宥内野手は昨年のドラフトで

3位指名を受け阪神に入団した期待の新人です。

 

先ず見て下さい。

このルックスを!

 

阪神らしからぬ

アイドルかと見間違える甘いマスクに

女性ファンが激増する事は間違いありません。

 

と・・ちょっと話が脱線しましたね。(笑)

 

野球の話ですが

熊谷選手の野球の実力は課題の打撃を

除けば即戦力と言われており

昨年のドラフトでも大学NO1の

ショートストップの評価を得ていました。

 

当初阪神は1位~3位まで即戦力の投手を

指名する方針と言われていましたが

大和選手のFA権行使の話が浮上した

為に保険として指名したとされており

その意味に於いては熊谷選手こそが

ポスト大和と行っても過言ではないでしょう。

 

シュートの実力は大学NO1と言われる

守備範囲の広さと遠投115メートルの

強肩を誇り東京六大学リーグでも

盗塁王になるなど塁に出すとうるさ型の

選手であり将来的には新人の島田選手と

並び1,2番の打順を打って欲しい選手です。

 

守備に関しても同じショートの

ポジションを争う事になる植田選手の

強力なライバルになる事は間違いなく

将来的にはどちらかがショートの

レギュラーでもう一方がセカンドを

守れば守備に関しては鉄壁の二遊間が

出来上がると思います。

 

ですが課題は植田選手同様に

打撃であり熊谷選手もそれは分かって

おりドラフトで指名後にスイッチヒッター

に転向しています。

 

入団後なら分かりますが入団前から

スイッチに転向するなど

かなり異例の事であり熊谷選手自身

課題の打撃を克服しようと彼なりに

懸命なのでしょう。

 

ですが課題である打撃さえ克服できれば

植田選手同様にレギュラーになれる

選手ですが反対に打撃が克服できない時は

便利屋となるでしょうから

しっかり課題である打撃に取り組んで欲しいと思います。

スポンサードリンク

 

板山祐太郎

板山祐太郎外野手は2015年のドラフトで

6位指名を受け大学野球の名門である

亜細亜大学から入団した選手です。

 

この年のドラフトでは阪神は5位指名までで

切り上げる予定でしたが

金本監督が板山選手の動画を見て

急遽指名に踏み切り獲得した選手が板山選手でした。

 

余談ですが今年のドラフト2位ルーキー

高橋遥人投手も亜細亜大学なので

2学年先輩となります。

 

本来は高い身体能力を持ち

走攻守三拍子揃ったバランス型の

野手で新人だった2016年には

一軍の試合に40試合に出場しクリーンナップ

を打った事もありますが

2年目の昨シーズンは一軍の試合出場が

一試合もないままシーズンを終える

屈辱のシーズンとなりました。

 

3年目を迎える今季は期するものが

あるでしょうしポテンシャル的には

体も強く強い打球を打つ事ができる

力強いバッティングが持ち味なので

才能が開花するばチームのクリーンナップ

を担える逸材です。

 

性格も真面目で

物事を深く考えてしまうタイプの

様に見受けられるので

そこが気がかりなところではありますが

育てようによっては本当に

大化けする選手だと思いますので

しっかり育てて欲しいと思います。

 

番外編

最後にここでは番外編として別に

もう2人程阪神の若手と言うか

期待の選手を紹介します。

 

緒方凌介

緒方凌介外野手は東洋大学から

2012年のドラフト6位で指名され

タイガースに入団した選手で今年

28歳になるので若手と言うよりは中堅の

年齢なのですが期待している選手と言う意味で

取り上げました。

 

 

緒方選手は潜在能力は高い選手で

母校である東洋大学野球部で

2016年まで45年間指揮を執った

恩師である高橋昭雄監督からも

同じ阪神の教え子であった今岡誠さんや

桧山進次郎さんを超える逸材とまで評価を

されておりそのポテンシャルは阪神の

歴代監督も認めるところではありますが

プロでは特に昨シーズンは入団以来

一度も一軍の試合出場がないまま過ごしており

今年は強い危機感を持って自身の進退をかけ

排水の陣で望むと思います。

 

その証拠に今年は能見篤史投手の

チーム能見に加わり沖縄で自主トレに

励み現状の打開をしようともがいています。

 

今年がダメなら戦力外や育成に落ちても

仕方がないので不退転の覚悟を持って

結果を出して欲しいです。

 

最近は早ければ入団から2年で戦力外に

される選手も出てきました。

 

そんな中入団以来4年間一軍で余り

活躍していないのにチームに残れて

いると言う事は期待されていると

言う事であるのでしょうから

今シーズンは何らかの結果を出して期待に

答えて欲しいものです。

スポンサードリンク

 

西田直斗

西田直斗内野手は大阪桐蔭から

2011年のドラフト3位で指名を受け

阪神に入団した今年7年目を迎える選手です。

 

西田選手を取り上げた理由は

阪神の2軍守備走塁コーチである

藤本敦士さんが昨年のオフシーズン

に出演したラジオ番組で2018年に

期待する選手に西田選手の名を挙げたからです。

 

その西田選手の一軍での試合経験は

2013年の甲子園での対DeNA戦で

この時の一試合2打席のみであり

しかもその2打席とも三振に倒れています。

 

2016年のシーズンオフには育成落ちも

経験するなどして一時は引退も

考えたそうですが

踏みとどまり努力の甲斐もあり翌年の6月には

育成契約から再び支配下に戻る事ができましたが

このまま結果を残せなければ今度は

さすがに育成ではなく戦力外通告が妥当で

しょうから緒方選手同様に西田選手も

今年ダメならユニフォームを脱ぐくらいの

覚悟を持って今シーズンに望んで欲しいと思います。

 

今年ブレークの選手は誰?(総括)

さて前編、今回の後編と2記事に分けて

今年の2018年に期待できる若手野手達を

取り上げて来ましたが

結局この中から誰がブレークするのでしょうか?

 

前編では

陽川、大山、中谷、高山、北条、江越。

 

この後編では

糸原、植田、島田、熊谷、板山。

番外編として

緒方、西田。

 

まあ、普通に考えれば期待できる若手としての順列は・・

 

 

大山、中谷、糸原がその筆頭候補で

次に来るのが植田、陽川などが候補となるでしょう。

 

新人の島田もこの中に入れても良いかも知れません。

 

そして次に来るのが

新人の熊谷、北条、江越、板山・・

 

最後に緒方、西田と言う順番かなと

あくまで個人的な見解であり予想ですが

考えています。

 

欲を言えばできれば全員が活躍して

欲しいところですが予想通り行かないのが

世の常なので余り期待していない選手が

活躍して期待していた選手が外れると

言う事もよくある話なのでそれも含めて

今シーズンはこれらの若手野手達の動向を

しっかり注視したいと思います。

 

関連記事

阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(前編)今年ブレークの選手は誰?

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(前編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(後編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018の開幕投手は誰?先発ローテーションの候補やメンバーも予想!

阪神タイガース2018のリリーフ陣のメンバーは?藤川球児の守護神復帰の可能性は?

阪神タイガース2018正捕手は誰?梅野・坂本・原口の各選手の評価も!

阪神タイガース2018開幕スタメンメンバーの一覧予想!猛虎打線復活は?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は2018年に期待できそうな

阪神の若手野手の後編のお話でした。

 

さすがに結構疲れましたが

やりがいはありました。^^;

 

因みに阪神は今年のドラフトでは

高校生野手を中心に指名する方針だそうです。

 

阪神で高卒野手は2014年の植田海選手

を指名したのが最後で後は大卒や

社会人の野手ばかり指名していたので

1軍、2軍の野手の年齢層のバランスが歪になっているそうです。

 

育成によるチーム作りは5年、10年先を

見据えてやるものなので

前回と今回挙げてた野手の若手選手達は

育成の阪神の象徴の魁となって近い将来

チームの牽引する存在になってくれる

者が出てこないとチームが強くならず

困ります。

 

さてこの中から今シーズン誰が

果たしてブレークするのか楽しみですね。(・∀・)

 

それでは今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。