阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(前編)今年ブレークの選手は誰?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

こんにちわ、虎吉です。

ちょっと久しぶりの投稿になりました。

一言で言うとネタがない!

 

誰か良いネタがあったら教えてください。

いやマジで!(T_T)

早くシーズンが始まってくれないかなと願っている虎吉でした。(汗)

 

ところで今回の話題は金本監督が

阪神の監督に就任して以来、

若手によるチームの底上げをテーマに掲げており

一昨年は高山、北条、岩貞、原口など

そして昨年は中谷、大山、小野などが

ブレークしタイガースの躍進の原動力となりました。

 

それで気になるは2018年の今シーズン

にブレークする新たなる期待の若手の

野手は誰なのか予想して見たいと思います。

 

それとこの本記事ですが

かなり長編大作?となったので

前編、後編と2つの記事に分けて書いています。

 

虎吉の記事では初となる続編がある

記事となります(笑)

 

それでは行ってみましょう!m9っ`Д´)

スポンサードリンク

 

阪神タイガース2018期待の若手を予想!(野手編)

 

まず最初に阪神の躍進の本質って

金本監督が積極的に若手を起用して

いる事もありますが

それと同時に中堅とベテランの奮起も

促す狙いもあります。

 

若手はレギュラーのチャンスが

目の前にある→おっしゃあ~となり、

中堅とベテランも実力が同じだったら

若手を使うと金本監督が明言しており

危機感を持って発奮する。

 

それにより若手、中堅、ベテランによる

三位一体の競争の構造が生まれ

チームの躍進に繋がったワケです。

 

つまり若手は

チームを刺激する材料であり若手による

チームの底上げは球団挙げての戦略でも

あります。

 

それに阪神に限らず若手が出てこない

チームは強くはなれませんからね~

 

で、ちょっと前置きが長くなりましたが

今年の虎吉が考えている

今年の2018年にブレークする可能性の

選手を取り上げて行きます。(´^∀^`)

陽川尚将

陽川選手は今年入団4年目の27歳で

若手と呼ぶにはそろそろ微妙な年齢

なのですが阪神が誇る期待の右の大砲候補の1人です。

 

2015年と2016年は2軍では2年連続

でホームランと打点の二冠王を獲得しており

打球を遠くに飛ばす長打力は天性のモノがあります。

 

高校時代に巨人の育成ドラフトで3位で

指名されましたが拒否し東京農業大学

へと進学し阪神からドラフト3位で指名され

入団した経緯があります。

 

余談ですが今年阪神に入団した

期待のドラフト5位ルーキーの谷川投手

は東京農大の一学年後輩になります。

 

体脂肪率が凄い!

陽川選手を語る上で外すことが

できないのがその肉体です!

 

陽川選手は身長180cm、体重89kgですが

体脂肪率は脅威の8%です。

 

一般の成人男性の体脂肪率が平均で

15~20%って言われていますから

これがどれだけ絞れているか分かりますね~

 

陽川選手はこの体脂肪を6%にまで

持って行きたいそうです。

 

ボディビルダーがコンテストでの体脂肪率

3~4%って言われていますから

もうちょっと頑張ればボディビルの大会に

出れそうですね。^^;

 

類まれなその長打力は開花するのか?

陽川選手は類まれなその長打力で

虎の右の大砲として期待が大きいです。

 

陽川選手のポジションは内野手で

本来のポジションはサードですが

サードには鳥谷、大山がいるので

基本的に陽川選手が入り込む余地はないでしょう。

 

陽川選手の守備の範囲を考えると

ショートやセカンドはちょっと厳しいです。

 

となるとファーストですが

ファーストには今季から阪神に加入する

新外国人のウィリンロザリオ選手がおり

かなり厳しい立ち位置に置かれる事に

なりそうです。

 

かと言って外野も激戦区であり

参入は難しいでしょう。

 

かと言って陽川選手を代打で使うのはどうかなと・・

 

左の代打の切り札が伊藤隼太なら

右の代打の切り札として陽川ですか?

 

それはちょっと余りにもったいない気がします。

 

持っている実力や潜在能力はピカイチなのですが

このままでは埋もれる消える可能性も

否定できません。

 

金本監督も期待している若手の1人に

陽川選手の名前を挙げており

是非にもその才能が開花して将来は

中谷、大山、陽川とN・O・Y砲を形成して

くれるのが理想なのですが・・

 

ただレギュラーと言うのは与えられる

ものではなく奪うものなので

陽川選手には実力でレギュラーと奪って

欲しいと思いますし本人もプロである

以上はそのつもりでいる筈です。

 

陽川選手は2軍でそうだった様に

1軍でもホーラン王や打点王を獲れるだけの

力はあると思っていますので

実力で首脳陣を認めさせレギュラーの

座を掴み取って欲しいと願います。

 

期待値も込めてまず陽川選手の紹介でした。(´^∀^`)

スポンサードリンク

 

大山悠輔

大山選手はルーキーの昨年は開幕こそ

2軍で体つくりの為迎えましたが

シーズン途中の6月から一軍に上がると

そのまま一軍に定着し新人では阪神史上初となる

新人4番を務めたりしました。

 

更にCSでの活躍も今季の飛躍を予感させる

ものでしたね。

 

白鳳大学時代では大学全日本で4番を

打つなど非凡な長打力を持っており

金本監督がドラフトで1位指名した時は

賛否両論が巻き起こりましたが

去年の活躍を見るに1位指名して正解の選手でした。

 

打撃だけではなく守備も上手く高校時代は

投手をしていた事もあり肩も強いです。

 

本職はサードなのですが

今季はロザリオ加入の影響もあり

サードの鳥谷や外野では福留や糸井が

休養で休んだ時に出場する形となると思います。

 

ショートやセカンド使う案もあり様ですが

個人的にはそれは反対ですね。

 

あまり色んなポジションをやらせると

大山の長所である打撃にまで影響が

あるかも知れませんし

それにショートには西岡、植田が

セカンドには上本、糸原がいますしね。

 

素材的には将来4番を打てるだけの

資質があり試合で使いながら大事に

育って欲しいと思います。

 

2年目のジンクス?

大山選手の春季キャンプまでに

可能ならば体脂肪率を5%落としてくる様に

金本監督から言明されていましたが

年明けの自主トレの写真を見ると

明らかに正月太りをしていました・・

 

体脂肪率が18%なのであと5%落とせる

のかはちょっと分かりませんが

まあ頑張って貰いたいところです。

 

ところで気になる2年目のジンクスですが

去年は高山選手が見事にハマりましたよね。

 

大山選手には2年目のジンクスは起こるでしょうか?

 

現時点では何とも言えませんが

性格的に真面目なので練習はちゃんと

するタイプなので自己管理は信じたいと思います。

 

一つ言えるのは去年以上に相手バッテリーの

攻めは厳しくなると言う事は確かです。

 

今季は四死球が去年以上に増えるでしょうし

それに対応できるかがより重要になってくると思いますね。

 

ただ大山選手は対応力も高く去年も臭い

ボール球には余り手を出さない打者なので

大丈夫とは思いますが

デットボールによる怪我だけには気をつけて

貰いたいです。

 

相手バッテリーはぶつかっても仕方が

ないって考えでエグい内角攻めを

してくる事も想定されるし

またそれをされて初めて一人前の打者とも

言えるので仕方がないのですが

それに怯えてバッテイングフォームを

崩す様だと今季は見事に2年目のジンクスと

なるでしょうね。(´・ω・)

 

でも大山選手はメンタルも強そうなので

その点は大丈夫かな?

多分大丈夫だと・・思いたい。(汗)

 

ですが大山選手のそのスケールの

大きさは将来のミスター・タイガース

も目指せると個人的には信じています!

スポンサードリンク

 

中谷将大

中谷選手は昨シーズン阪神の生え抜きの

日本人選手としては久しぶりに

ホームラン20本を打ち今季は昨年以上に

期待されている若手の1人です。

 

中谷選手は身長187cm、体重89kg

と全盛期の清原選手にも引けを取らない

体躯を誇っており長打力もある

広い甲子園であってもホームラン40本は

打てるだけのパワーがあると思います。

 

正に虎のロマン砲と言ったところでしょうか?

 

だた中谷選手は昨シーズンは終盤に

パワーピッチャーのストレートに

力負けをすると言う弱点が判明して

しまいそれが原因でCSでもスタメンを

外されてしましました。

 

金本監督も言っていましたが

あの打ち方でホームラン20本も打てる

方が逆に凄いと・・

 

そしてこうも言っていました。

この世界は配球としての究極は

内角に強いボールを投げて意識させ

外角に落ちる系のボールがくるのが

最終的なパターンだそうです。

 

正に対戦相手の相手バッテリーが

中谷選手に対して使った配球のまんまですね。(笑)

 

なので中谷選手の今年の課題としては

どれだけその課題であるストレートに

対して力負けしない打撃ができるか?

これにかかってきますね。

 

それさえ出来れば足もあり守備範囲も

広いので外野のレギュラーは確実でしょう。

 

しかし反対に昨年と同じでこの課題が

克服できていないと今年は厳しいでしょうね。

 

高山俊

高山俊選手は一昨年の新人王であり

ドラフトでも金本監督がヤクルトと

競合の末引き当てた選手で阪神に

とっては期待の若手候補の一人ですが

去年は2年目のジンクスに陥り不本意な

成績に終わりました。

 

打撃センスは金本監督自身が自分より

上と認める程のモノを持ち文句なし

なのですが2年目で相手バッテリーの

マークも厳しくなりましたが

不振の原因はそれだけではなく

外野の守備に難があり

それが打撃にも響いた様な気がします。

 

高山選手自身、守備でリズムを作るタイプ

の様には見えませんからね。

 

ですが不振の根本的な理由はもっと

別だと思います。

 

不振の原因

打撃に関してはスイングスピードも

ずば抜けて速くバットコントロールも

抜群で内角を厳しく責められたくらいで

不振に陥る選手ではないのですが

金本監督が「どう狂ったか分からん」って

言う程ですから

何か根底の部分で狂いが生じていたのかも

知れません。

 

個人的に思うのは

高山選手って天才だと思うのですよね。

 

東京六大学リーグの安打記録も

持っていますから。

 

ですがこの天才って言うのがちょっと

曲者なんです。

 

タイプ的にはアベレージヒッター

なのでしょうが昨年は金本監督から

ウエイトによるパワーアップや

ホームラン増を期待されていましたから

これが不振の理由の一因ではないかなと考えています。

 

長打を狙い過ぎて精密機械の様な

その緻密な打撃に狂いが生じたのでは

ないかと・・

 

それともう1点、

先程高山選手の事を打撃に関しては

天才と表現をしましたが

逆にこれが足枷になった気がします。

 

その類まれなスイングスピードと

巧みなバットコントロールを持つが故に

難しいボールを打ちに行っていると

掛布元2軍監督にも指摘されていました。

 

その器用貧乏とも言える

ずば抜けた打撃センスがが逆に

仇になった様な気がします。

 

復活は?

なのでもう一度原点回帰で大学時代の

様なシャアな打撃を心がければ

打撃に関しては復活する可能性は高い

と思います。

 

高山選手は確かに大きいのは打てますが

タイプ的にはホームランバッターでは

ないので長打を狙うと打撃に狂いが生じ

ると考えれますのでシュアな打撃を心がけ

た方が良い数字が残せると思いますね。

 

後は課題の守備がどこまで向上するか?

 

そして金本監督がどこまで我慢して使い

続ける事ができるか?

 

この2つに関ってくると思います。

 

DeNAのラミレス監督や他球団の

関係者が間違いなく首位打者

タイトルを穫れるって認める選手

ですから復活してくれないと困る選手

なので今年期待の意味で取り上げました!

スポンサードリンク

 

北條史也

北條史也選手は一昨年に122試合に

出場しショートのレギュラーに定着し

ましたが去年は不振で登録を抹消され

2軍落ちを2度も経験するなど自身に

とって屈辱のシーズンとなりました。

 

本人も昨年お契約更改の場で

実力がなかったと吐露しており

本当の意味でまだ実力が付いていないのでしょう。

 

不振の原因は恐らくオフの過ごし方と

ウエイトによる体重増にあったのでは

ないかなと個人的には思っています。

 

一昨年あれだけ活躍すると

オフシーズンは人気球団故の宿命か

タニマチやらイベントやらに引っ張りだこ

だったでしょうし本人にも若いから

優遇して使って貰える的などこか気持ちの

上でどこか油断があったのではないかと思います。

 

光星高等学校時代には母校の先輩で

ある巨人の坂本勇人選手に例えられて

坂本2世とも言われた選手であり

本来実力がある選手なので

期待したいところですが

昨年の様な状態が今年も続く様だと

厳しいシーズンになるでしょうね。

 

遊撃の守備も確かに上達していますが

それでも遊撃時代の鳥谷選手と比べる

のは鳥谷選手に失礼です。

 

同じショートの守備なら植田選手

新人の熊谷選手の方が上です。

 

更に今年はショートのレギュラーを

復活を期して虎視眈々と狙う

西岡剛選手もいますから北条選手が

置かれている状況は更に厳しくなるでしょう。

 

高校時代はホームランバッターとして

甲子園を沸かせ

プロでも打撃力は評価されていましたから

彼が課題の守備ももっと上手くなれば

その打撃センスと相まって

ショートのレギュラーの第一候補には

入って来れるでしょうが・・・

 

ただレギュラーとは与えられるものでは

なくあくまでも奪うものなので

北条選手には実力で遊撃のポジション

を奪って貰いたいですね。

 

江越大賀

江越大賀選手は今年4年目を迎える

選手で大卒なので今年26歳になるので

若手と呼ぶにはギリギリの年齢かなと

は思いますが個人的に期待している選手

なので取り上げました~(´^∀^`)

 

身体能力は抜群に高くチームの中でも

トップクラスです。

 

プロ2年目に4試合連続本塁打を

記録するなど江越選手の

そのスケールに度肝を抜かれた記憶があります。

 

阪神の選手の中では唯一、

3割、30本、30盗塁のトリプルスリー

目指せる選手だと言われていますが

とにかくボールがバットに当たらない

のでそれ以前の話で打席を見ていても

どうしてそんな糞ボール球に手を出すの?

状態でもはや大型扇風機状態となっています。

 

・当たれば飛ぶ類まれなパワー

・肩の強さも最強クラス

・足も俊足

・ずば抜けた身体能力

 

なのにどうしてこーなった?

状態で虎吉的には阪神の中で一番

口惜しい選手です。

 

スイッチヒッター転向は成功するか?

江越選手も危機感を覚えたのか

去年の秋季キャンプからスイッチヒッター

に転向し左打ちの練習を始めました。

 

金本監督も右打ちは強打のイメージだが

左打ちはシュアなイメージと評価をして

おり虎吉も動画で見てみましたが

悪くはないと思います。

 

後はこれがどれだけ上手く行くかですが

左右で打てる様になれば課題であった

打撃も克服でき阪神の中軸選手として

活躍できるでしょうから是非とも

スイッチ転向が上手く行く事を祈るだけです。

 

関連記事

阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(後編)今年ブレークの選手は誰?

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(前編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(後編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018の開幕投手は誰?先発ローテーションの候補やメンバーも予想!

阪神タイガース2018のリリーフ陣のメンバーは?藤川球児の守護神復帰の可能性は?

阪神タイガース2018正捕手は誰?梅野・坂本・原口の各選手の評価も!

阪神タイガース2018開幕スタメンメンバーの一覧予想!猛虎打線復活は?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は今年期待の若手野手の前編のお話でした。

 

次回の後編を持って完結となります。

 

因みに野手と言う事はもちろん投手も

やりますよ~

なのでお楽しみに。(´^∀^`)

 

この前編ではどちらかと言うと

既に一度結果を出している若手野手に

フォーカスして書きましたが

後編はどちらかと言うと

まだほとんど結果を出していなかったり

全く出していない選手を取り上げて

書く予定なので楽しみにしていて下さい。

 

それでは今回はここまでとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。