阪神タイガース2018のリリーフ陣のメンバーは?藤川球児の守護神復帰の可能性は?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

こんにちわ、虎吉です。

元阪神監督でもあった星野仙一さんが

逝去されましたね。

 

当時の野村克也さんの後を引き継いで

暗黒時代のタイガースの監督に

就任しダメ虎を強虎にまで引き上げ

優勝に導いてくれた名監督でした。

 

この場を借りて慎んで星野さんのご冥福をお祈りいたします。

 

星野さんは阪神と楽天の日本シリーズが

見たかったそうなので

これでまた一つ我らがタイガースが

優勝しないといけない理由が増えましたね。

 

それで本題なのですが

今回は去年阪神の躍進の最大の原動力となった

阪神が誇る球界屈指のリリーフ陣について

取り上げてみたいと思います。

 

今回取り上げる主な内容としては

今年2018に於ける阪神リリーフ陣の

概要と言うかメンバーの予想と

虎のリリーフ陣に新たなる新戦力の

加入はあるのかや元守護神である

藤川球児投手の守護神復帰の可能性は?

 

これらを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

阪神タイガース2018のリリーフ陣

阪神が誇る12球団屈指とも言える

リリーフ陣ですが

昨年のメンバーは

抑え・ドリス (セーブ王)

セットアッパー・マテオ (最多ホールド)

セットアッパー・桑原謙太朗(最多ホールド)

この3人を軸に

 

左の中継ぎとして

高橋聡文、岩崎優の両名。

 

右の中継ぎとして

元守護神の藤川球児投手に

石直球の後継者である石崎剛投手が

シーズン後半から台頭し活躍するなど

錚々たる顔ぶれでネットでは以上の7名の事を

猛虎7武海

などと呼ばれりしていました。(*^^*)

 

この7人って一人一人が他球団なら

守護神として抑えをやっても

おかしくない力量はあると思いますし

そのクラスの投手が7人も集まって

いると考えたら改めて凄い事なんだと実感します。

 

ただそれだけリリーフ陣が獅子奮闘の

活躍をしたと言う事は

それだけ先発陣が不甲斐なかったと言う

裏返しでもあります。

 

阪神が誇る屈指のリリーフ陣は

2018年も引き続きこのメンバーで

不動ですがこの中で只1人だけ

流動的な立場の投手がいます。

 

それが左の中継ぎエースである

岩崎優投手です。

 

左の中継ぎエース、岩崎優の先発再挑戦?

金本監督は今季から左の中継ぎエース

であった岩崎優投手先発挑戦

明言しており岩崎投手を完全に先発と

して使うかは春季キャンプ、オープン戦を

見て総合的に判断するでしょうが

もし岩崎投手が先発に再挑戦と言う

事態になれば阪神のリリーフ陣の

一角が崩れると言う事でもあります。

 

岩崎投手自身は入団投手は先発として

投げていた時期もありますが

結果がなかなか伴わずリリーフに配置転換

になりそこで結果をだした経緯があります。

 

ネットの声でもどちらかと言うと

岩崎投手の先発再挑戦は反対の声が

多いみたいですね。

 

ですが岩崎投手の先発再挑戦は

金本監督の意向だけではなく

岩崎投手本人もそのつもりで準備して

いるので最早決定事項でしょう。

 

岩崎投手も先発として160イニングは

投げたいって本人のモチベーションも

高いですしね・・

スポンサードリンク

 

ポスト岩崎は誰?

但し、

金本監督が岩崎投手の先発再挑戦の

条件として岩崎投手に代わる

新たなるリリーフ投手の登場が

条件でそれがなかった場合は

その限りではないとも言っています。

 

そりゃあ、そうですよね~

岩崎投手が抜けてリリーフ6人体制に

したら去年岩崎投手は66試合も

投げているのに岩崎投手の抜けた穴を

既存のメンバーで

分担すると負担増になり壊れる投手が

必ず出ます。

 

では岩崎投手の代わりとなる

ポスト岩崎は他に誰がいるのでしょうか?

 

多分ですがそれは

昨年のドラフトで阪神から

ただ1人社会人から指名された

ドラフト5位ルーキーの谷川昌希投手

がその候補の筆頭になってくるでしょうね。

 

期待の新戦力、谷川昌希

谷川昌希投手は九州三菱自動車から

ドラフト5位で阪神から

指名された即戦力右腕です。

 

ストレートの最速はMAX149キロ

そこまで速くはないですが

抜群のスタミナと制球も良く

リリーフだと145キロ前後は

コンスタントに出せます。

 

既に同じ九州出身の松田投手らと

共に自主トレを行うなど意欲的で

本人も一年目から中継ぎとして

60試合に登板したいと言っています。

 

大学、社会人と経由しており

東京農業大学の一学年先輩には

同じ阪神の期待の右の大砲候補で

ある陽川選手がいました。

 

大学では芽が出ずに

社会人野球の強豪チームである

九州三菱自動車硬式野球部に進み

そこで南海でも活躍した

山内孝徳さんから指導を受け頭角を

現した苦労人です。

 

余談ですが山内さんは九州三菱自動車で

2015年から2年間、

投手チーフコーチを務めました。

 

なので谷川投手・・

彼がポスト岩崎として阪神のリリーフ陣

の一角に喰い込んでくれれば

去年酷使された他のリリーフ投手の

負担軽減になるでしょうし

公言通り60試合も登板してくれば

新人王も見えてくるのではないでしょうか?

 

グウ期待ですね!(´^∀^`)

スポンサードリンク

 

2018のリリーフ陣のメンバーは?

阪神のリリーフ陣の現在の概要は

これまで説明して来た通りです。

 

ではここでは今年2018年の

阪神のリリーフ陣のメンバー構成を

予想してみたと思います。

 

勝利の方程式

抑え・ドリス

セットアッパー (8回担当)・マテオ

セットアッパー (7回担当)・桑原

バックアップ要員・ディエゴ モレノ

 

この3名は取り敢えずとして

引き続き不動でしょう。

 

懸念としては桑原投手の前年からの

疲労蓄積がどう影響してくるのか?

 

そしてマテオ投手が分が悪い対左打者

の対策をどう講じてくるのか?

 

この2点ですね。

ドリス投手はそれほど心配はいらないと

思いいます。

 

そしてモレノ投手は外国人枠の

関係で2軍で待機でしょうが

ドリス、マテオ投手のどちらかが

コケた場合は彼が代役として

一軍に上ってくるでしょう。

 

保険は完璧そうですね!

 

その他のメンバー

その他のメンバーとしては

石崎投手、

藤川投手、

高橋投手、

谷川投手、

以上の4名となってくるでしょう。

 

ただ金本監督は先発は6人で

リリーフは8人は欲しいとも言っています。

 

となると後1人は誰になるでしょうか?

多分後1人は

伊藤和雄投手が候補の1人として浮上してくると思います。

 

伊藤投手は去年もシーズン途中から

リリーフ陣の1人として

加わっていましたが周りが余りにも

凄すぎて出場機会に恵まれませんでしたが

元々150キロのキレの良いストレートを

投げていましたから期待はできます。

 

他にはこのリリーフ陣の8番目の最後の

枠を巡って伊藤投手と争いそうなのが

山本翔也投手島本浩也投手

この3名で争われて行くと思います。

 

特にこのままだと

左の中継ぎは高橋投手1人になって

くるので山本、島本の両投手にも

期待したいところです。

 

なので改めて2018メンバーの構成は

 

勝利の方程式

・ドリス

・マテオ 

・桑原

※バックアップ要員・モレノ

 

中継ぎ

・石崎

・藤川

・高橋

・谷川

・伊藤or山本or島本

・その他・尾仲?

 

以上の12名の内、8名で構成されると予想します。

 

それと尾仲投手に関しては

ちょっと特殊な立ち位置なので

説明させて頂くと・・

 

尾仲祐哉

他に期待したい投手としては

DeNAベイスターズから大和選手の

人的保証で移籍した尾仲祐哉投手

投手もこの中に入れても良いのかも

知れませんが金本監督が尾仲投手は

先発として育てたいと発言しており

DeNAでは尾仲投手はリリーフを

していましたがリリーフの層の厚い

阪神では余程リリーフ陣が不測な事態

とならない限りはリリーフとして投げる

事は今のところは可能性は低いのかな・・

って考えています。

 

最初はリリーフとして使っても面白い

存在だとは思うのですが。

スポンサードリンク

 

藤川球児の守護神復帰の可能性は?

あとリリーフ投手の名球会入りの

基準である250セーブまで

残り25セーブと迫っている藤川投手の

守護神復帰はあるのでしょうか?

 

確かにドリス投手と藤川投手の新旧の

ダブル守護神はロマンがありますね~(´^∀^`)

 

しかし今のところはその可能性は低いのかなって考えています。

 

た・だ・し・今のところはです。

 

現状藤川投手は今年で年齢が

38歳と高齢でそして過去に肘を

故障している事を考えると守護神と

言う激務のポジションで連投など無理は

させたくないのが実情でしょうね。

 

藤川投手はブルペンのリーダー格と

してまた戦力としてまだまだ必要ですから。

 

阪神が藤川投手に期待しているのは

選手としてだけではなく

それ以上に生ける見本としての

コーチ役だと思うので

ダブルストッパーにするのであれば

現場的には若手の有望株である

石崎剛投手を据えたいでしょうね。

 

また藤川投手も名球会が目標なら

メジャー挑戦はしていないでしょうし

藤川投手としては中継ぎでも敗戦処理でも

与えられたポジションで役目を全うする

事に全力を挙げるでしょうから

その姿を後輩の若手選手達が見て何かを

感じてくれる事こそが藤川投手の望みでしょうから。

 

ただ藤川投手の代名詞である

火の玉ストレートは全盛期よりも

スピードこそ落ちていますが

復活して来ていますしファンとしては

やはり守護神として投げて残り25セーブを

挙げて名球会入りをする藤川投手の

姿を見たいものですが・・

 

個人的には藤川投手の守護神復帰は

大歓迎なのですが

そこは金本監督がどう考えているかにも

よりますね。

 

金本監督も名球会員ですし

その辺りは理解はあるでしょうし

一昨年は福留選手に昨年は鳥谷選手が

名球会入をしているので

今年藤川投手が名球会入りをすれば

阪神から3年連続名球会入りの快挙となり話題になるでしょう。

 

もし藤川投手を守護神復帰させる時は

阪神生え抜きであり最大の功労者の

一人である藤川球児投手を

250セーブ達成させて名球会入り

これ以外に理由はないでしょうね。

 

これ以外だとドリス投手が不調とかで

緊急事態に陷った時とかでしょうが

それはそうなったらでちょっと

考えたくありませんね。^^;

 

とにかく藤川投手の守護神復帰の

件はこの記事を書いているのが

1月なのでこれからの動向を見てみないと

どうなるかは流動的な事もあり

今はちょっと判断が付きません。

 

ただ可能性はなくなないと言っておきます。

 

関連記事

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(前編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018期待の若手投手予想一覧!(後編)未来のエースや守護神は誰?

阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(前編)今年ブレークの選手は誰?

阪神タイガース2018期待の若手野手を予想!(後編)今年ブレークの選手は誰?

阪神タイガース2018の開幕投手は誰?先発ローテーションの候補やメンバーも予想!

阪神タイガース2018正捕手は誰?梅野・坂本・原口の各選手の評価も!

阪神タイガース2018開幕スタメンメンバーの一覧予想!猛虎打線復活は?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は阪神の2018年のリリーフ陣の

お話でした。

 

阪神だけに留まらずどこの

チームも強いチームには優れた

リリーフ陣が存在しています。

 

投手分業制の現代、リリーフ投手は

必要不可欠であり

それに伴いリリーフ投手の地位や

価値は向上しています。

 

阪神が今年優勝を狙うためには

先発投手陣の奮起が望まれますが

同時に引き続きリリーフ陣の活躍も必要です。

 

さて今年の春季キャンプは2月1日から

始まりますが先ずはそこから見て

徐々に今年の虎の先発、リリーフの布陣の

陣容が決定して行くと思います。

楽しみですね!

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。