岩貞祐太投手の球速球種が劣化の原因は?二軍落ち阪神左エース復活の可能性は?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

こんにちわ、虎吉です。

突然ですが阪神の今年のV逸の最大の

理由って打では大きいが打てる大砲不在、

投では何と言っても藤浪晋太郎と

岩貞祐太の両投手の誤算でしょう。

 

大砲候補に関してはロザリオ選手の獲得や

中谷、大山、陽川などの材料が揃いつつ

ありますが投では強固なリリーフ陣に対し

先発陣は来季もエースのメッセンジャーは

やってくれると思いますが

メッセ以外の先発投手となると不安定で

不透明な部分が多いと思うのですよね。

 

それで今回は阪神の左のエース格であった

岩貞祐太投手にスポットを当ててみたいと思います。

 

阪神が来季優勝を勝ち取る為には

藤浪投手やこの岩貞投手の復活と再生は

絶対条件であり避けては通れません。

 

その阪神Vのキーマンの一人である

岩貞投手の球速と球種が今季劣化した

原因や今季屈辱の2軍落ちまで味わった

左のエースは来季果たして復活できるのか?

その可能性などを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

岩貞祐太投手の経歴

阪神の岩貞祐太投手は2013年の

ドラフト1位ですが

この年のドラフトで阪神は

本命の1位指名で現広島の大瀬良大地投手

外れ1位で現DeNAベイスターズの

柿田裕太投手をそれぞれ外し・・( ゚д゚)

ハズレの外れ1位で指名したのが

横浜商大の岩貞祐太投手でした。

 

と言っても当時の岩貞投手の評価は

決して低いものではなく

ドラフト前は広島カープが本命で

一本釣りするとの噂があった程で

当時大学NO1左腕の評価を得ており

ハズレの外れまで残っていた事が不思議で

逆に驚きましたね。

 

まあそれに岩貞投手はハズレの外れとは言え

日本ハムとの競合で引き当てたので

結果としてオーライでした。

 

その岩貞投手は1年目、2年目と結果が

出なかったのですが

飛躍のキッカケとなったのは

2015年の2年目のシーズン後に参加した

フェニックスリーグで同じ熊本県出身の

平成の三冠王こと元ソフトバンクホークスの

松中信彦さんからもっと打者の内角を攻めろ

とアドバイスを受けたのがキッカケです。

 

また毎年台湾で

行われているウインターリーグに参加し

投手部門のMVPを獲得したのも大きかったと思います。

 

そして2016年は一気に覚醒の年となり

シーズン通じてローテンションを守り

圧巻だったのが9、10月で5勝0敗

防御率は0.47で月間MVPも獲得しています。

 

結局この年は10勝9敗、防御率2.90の

好成績を残し球団も多くのファンも

これでやっと能見、岩田の後継者が

誕生した・・と思った今季の2018年は

どーしてこーなった?状態で

前年の活躍が信じられない位の不振に陥り

極めつけが8月8日の東京ドームでの

巨人戦でチームの信頼を決定的に裏切る

背信投球をし降板後に応援する事さえも

許されず球場から即退場&帰阪を命じられ

無期限の2軍調整となりました。

 

金本監督もシーズン終了後に球団に

シーズンの報告のため球団事務所に訪れた

際に記者会見の場で今季のV逸の

理由の一つに投手では

藤浪、岩貞両投手の名を挙げ2人の不振が

最大の誤算だったと述べています。

 

逆言えば藤浪、岩貞両投手が復調すれば

エースのメッセンジャーに秋山と4本柱が

揃うわけでVの条件の一つが揃うわけです。

 

来季は岩貞投手にとっては

文字通り勝負の年になると言うワケですね。

スポンサードリンク

 

球速球種が劣化?

岩貞投手の球速はMAX148キロの

速球で平均球速は140キロ前後ですが

キレや打者の手元で伸びがあり

実際の球速より早く見えるのが特徴です。

 

また球種もカーブ、スライダー、

カットボールにウイニングショットとして

チェンジアップを持っており

ストレートと並んで決め球としています。

 

ストレートも変化球も同じ腕の振りで

投げるので打者は見極めがつきにくく

左と言う事もあり

本来の実力からしたら容易に攻略できる

タイプのピッチャーではありません。

 

しかし今季はそのストレートで

空振りやファールが取れず

また変化球もストライクが入らず

決め球のチェンジアップも余り落ちずに

痛打される試合が続きました。

 

しかし一体これは何が原因なのでしょうか?

 

原因は?

原因はなんなのでしょうか?

幾つか挙げてみましょう!

 

捕手との相性?

岩貞投手が確変した2016年の阪神の

正捕手格は原口文仁捕手でした。

 

岩貞投手の投げる試合には

原口捕手がよく打っていた記憶が

あります。

 

しかし2017年に原口捕手がチームの

事情により1塁にコンバートされ

梅野隆太郎捕手が正捕手格になると

岩貞投手の投げる試合には梅野捕手が

マスクを被り受ける様になりましたが

 

ネットでは梅野捕手との相性が

よく無いのでは?

と言われたりしていましたが

個人的にはそれは無いと思いますね。

 

と言うのも今年の岩貞投手の不振は

捕手が違うとかリードうんぬんではなく

先ず岩貞投手自身の投げるボールに

問題があったのですから。

 

これが岩貞投手の投げるボールが

走ってて捕手の構えるミットのコースに

収まっており

それでも打たれたのなら捕手に問題が

あったのかも知れませんが

今季の岩貞投手は

とにかくストライクが入らない、

ボールが高めに浮き四球も連発し自滅する。

これが2017年の岩貞投手でしたね。

 

なので捕手との相性とかそんなのではないと思いますね。

 

ではそれ以外の何が原因なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

原因はストレート?

これについては疑うべくもないと思います。

 

昨季に比べると今季の岩貞投手は

ストレートの球速もそうですが

打者の手元でのボールの伸びもありませんでした。

 

つまり球威がないのです。

 

要は良い時だった状態のストレートを

投げられないのでどうしても

良い時のストレートが頭にあり

それを投げ様として

力が入って「力む」ワケです。

 

しかし力むと言う行為はコントロールを乱すので

そうなるとボールが走らず高めや甘いコース

に行ったところを打たれるワケです。

 

プロの打者ですから甘い球は見逃したりしません。

 

そしてストレートの精度が落ちると

言う事は結果として変化球の精度も落ちます。

 

真っ直ぐあっての変化球なので

その真っ直ぐにキレがないと変化球にも

キレがないのも当然です。

では何故ストレートが劣化したのでしょうか?

 

ウエートトレーニング?

今年の岩貞の体を見て思ったのは

オフにウエートを結構やったんだろうなって

感じの体をしていましたね。

 

別にウエート自体は悪いワケでは

なく寧ろ積極的にやるべきだと思います。

 

ただウエートに偏り過ぎたのでは

ないのかな?って思うのですよね。

 

ご飯とおかずにお吸い物では

ないですけど

何事もバランスが必要です。

 

例えばご飯ばっかり食べていたら

どうなりますか?

主に肉ばかり食べていたら

どうなりますか?

 

つまりそう言うことです。

 

岩貞投手はピッチャーなので

特にピッチャーには強い下半身は必須です。

 

岩貞投手はフォーム的に粘りのある

フォームから放られていた力強いボールの

源はその強い下半身にあった筈です。

 

多分岩貞投手はウエートがメインで

ランニングなどの走り込みの量を

おろそかになったのではないかと思うのですよね。

 

もちろん岩貞投手自身も練習の手を

抜いているつもりはなかったのでしょうが

結果的に練習方法のアプローチが

間違っていたと言う事でしょう。

 

ウエートトレーニングで筋肉を付けた分、

脂肪なども付いてしまい

それが投手としてのパフォーマンスを

低下させたのだと推測します。

 

それは今季の結果が全てですから。

 

これについて調べてみましたが

やはり岩貞投手自身もどちらかと言うと

そう感じているみたいです。

参照

 

岩貞投手も原点回帰でもう一度

走り込み中心の練習をするみたい

ですし顔を見る限り相当に走り込んで

いるんだろうなと感じました。

 

個人的には昭和の根性論とか精神論とかは

好きではないですが

やはり走るって基本的には全てのスポーツの

基本だしそれは野球選手も例外ではありません。

 

確かに相撲などの様に走らなくて良い競技も

ありますが走らない代わりに

四股踏みとか摺足とかキツイ代替練習を

たくさんやります。

 

野球選手は下半身に

問題がないのなら走るべきだし

特にピッチャーは走ってナンボだと思いますよ。

 

地味な練習はやってて面白くもないですし

ウエートの様に数字とか目に見える形で

は分かりにくく一番キツイですが

基本の地味な練習をたくさんする選手が

一番強いと思いますね。

スポンサードリンク

 

二軍落ち阪神左エースの今後は?

今季二軍落ちしシーズンのほとんどを

二軍で過ごした岩貞投手は今後復活する

可能性はあるのでしょうか?

 

それについてですが

まず気になる事があります。

 

フォーム改造

まず原点回帰し走り込み中心の

練習に戻したのは良いのですが

同時に岩貞投手はシーズン終了後に

行われた秋季キャンプから

フォームの改造に乗り出しました。

参照

 

岩貞投手自身も感覚としては

しっくりこないらしく

まだものにしていない感じで

足をゆっくりと上げるフォームなのですが

現段階ではまだ何とも言えれませんが

果たしてこのフォーム改造が

今後岩貞投手にとって吉と出るか

それとも凶と出るかは分かりませんが

フォーム改造まで思い切った事をやる

以上は何とかして成功して貰いたいと思います!

 

能見篤史

また岩貞投手の復活の可能性を

握る人物として長年虎の左のエースとして

活躍した能見篤史投手を挙げます。

 

岩貞投手は能見投手の事を師として

尊敬しており能見投手とオフシーズンに

自主トレを一緒にする予定だそうです。

参照

 

岩貞投手が先輩左腕の能見投手から

何かをキッカケの様なものを掴んで

くれるのを願うだけですが

能見さんは長年の経験から引き出しも

多いでしょうから

岩貞投手に最適な助言をしてくれると

期待したいところです。

 

復活の可能性は?

まとめると岩貞投手の復活の可能性は

1,原点回帰し走り込み中心の練習に戻した

2,フォーム改造

3,師と慕う能見篤史の存在

 

この3つがポイントになってきますね。

1と3は良いとして2がちょっと

気がかりなところですが・・?

 

やはり現在取り組んでいる

フォーム改造が

上手くいくかとうかにかかってくると思います。

 

それにより再び生きたストレートが

投げられる様になれば復活は可能でしょう。

 

しかしフォーム改造って成功しても

1年とかザラにかかる場合も

珍しくないですからこれは

成果が出るまでに時間がかかる

恐れもあります。

 

ただ述べた様にフォームの改造ってある意味

博打的な面もあるのですが

岩貞投手の場合は腕の投げる角度とか

リリースポイントを変えている

ワケではなくて足の上げ方とか

タイミングを変えているだけみたいなので

そこまでリスクはないとは思いたいところではありますが・・

 

とにかく今後の春季キャンプや

オープン戦の岩貞投手を見てみないと

ちょっと判断がつかないですね。

 

まあ我々ファンとしては上手く行く事を

祈るしかありません。

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は阪神の次世代の若き左の

エースである岩貞祐太投手のお話でした。

 

阪神は今季先発投手には苦しめられた

シーズンで鉄壁にリリーフ陣に対して

先発でまともに廻っていたのは

メッセ、秋山、能見の3投手だけでしたからね。

 

やり繰りに困って最後はリリーフ要因の

松田投手までに先発させる始末でした。

 

 

ドラフトでは馬場投手という即戦力

の馬力のあるパワーピッチャーが

獲れましたが彼は新人なのでまだ

過度な期待は禁物です。

 

金本監督は今季FAやトレードで

投手を補強しませんでした。

 

これは育成の最大限に補強は最小限に

と言う考えもありますが

その根底には来季こそは藤浪、岩貞両投手

が復活してくれる事を信じているのだと

思います。

 

確かに藤浪、岩貞の両投手が復活して

くれればこれに勝る補強はありませんから。

 

エースというのはそのチームに1人

だけですが

投手分業の今の次代リリーフエース

だけではなく先発の右エース、

左のエースと敢えて区別させて頂くなら

阪神の右のエースは藤浪晋太郎、

そして左のエースは岩貞祐太だと思います。

 

確かに今の虎の絶対的なエースはメッセンジャー投手ですが。

 

しかし生え抜きのエースの誕生を

願っているのはファンの総意だと思います。

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。