岩崎優(阪神)投手の球速球種は?中継ぎからなぜ先発再挑戦で今後は?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

こんにちわ、虎吉です。

最近寒いのでよく厚い汁物ばかり食べています。

 

汁物は吸収が良いので体重には

気をつけないと行けませんね~(笑)

 

ところで、我らがタイガースの

左の中継ぎ投手として多大な貢献を

してくれた岩崎優投手が来季は

先発再挑戦の話が出ていますね!

 

今回はこの岩崎優投手の球速や球種、

これまでの中継ぎの成績から

来季その中継ぎから先発転向が

言われておりますが

その理由や果たして先発として

今後通用し成功できるのか検証して

みたいと思います。

 

では行ってみましょう!

スポンサードリンク

 

岩崎優の球速球種は?

球速

岩崎投手の真っ直ぐの最速ですが

MAXは149キロです。

 

ただ平均は140キロ前後でスピード

自体はそんなに速くはないのですが

特筆すべきはその球質です。

 

球持ちの良い下半身主導のフォームから

放たれるすトレートの体感速度は

それ以上で阪神は今季の秋季キャンプから

高性能弾道計測器「トラックマン」を

導入したのですが

そのトラックマンで岩崎投手を計測した結果、

岩崎投手はタイガースの投手陣の中では

リリースポイントが一番前だったと判明しています。

 

 

これはどう言う事かと言うと

一般的にリリースポイントが前と言う事は

それだけ打者に近い位置でボールを放る

事になるので打者からしたら

スゴイ近くに感じる上に球離れも

遅いのでタイミングにも狂いが生じます。

 

1,2,3で打てていたボールが

1,2,3.5、とかのタイミングに

なるのでタイミング的には僅かな狂い

なのでしょうがこの僅かな狂いが大きな差となります。

 

そしてこれは打者の体感速度にも大きな影響

を生み出しており、

リリースポイントが打者に近いので

この作用により岩崎投手の体感での

球速は打者には実際には150キロ超

感じれれると言う検証結果が出ています。

 

まあ球持ちが良い悪いと言いますが

中にはメジャーの上原浩治投手の

様にリリースポイントが高く

球離れが早いのに打たれないストレート

を投げるピッチャーもいるので

一概には言えれませんが

一般的には球持ちが良いと言うのは

投手としては良い要素にはなる様です。

 

これ以外にも例えば歩幅を大きく

取るとかありますが

これも投手と打者の距離が近くなるので

打者からしたらボールが速く感じられるそうです。

 

要は実際のボールの速度と打者の体幹速度、

このギャップが大きければ

大きいほど良いと言う事になりますね。

 

球種

岩崎投手の球種はスライダーに

チェンジアップやフォークを投げれます。

 

球種的には少ないですが

リリーフなのでそれほど多くの球種は

投げられなくとも先発と違い

短いイニングを全力投球できるので

少ない球種でも通用はしています。

 

中でもストレートとスライダー

決め球にはチェンジアップを投げています。

 

ストレートと変化球が同じフォームと

腕の振りなの上に球の出処が見えにくい

ので打者からしたら打ちづらい投手です。

スポンサードリンク

 

中継ぎからなぜ先発再挑戦?

金本監督は今後岩崎投手を先発に

再挑戦させる意向の様です。

 

確かに岩崎投手は入団1年目の

2014年に先発として初登板初勝利を

挙げ90回を投げて防御率は3.50、

5勝4敗と言うルーキーとしてはまずまずの

戦績を残し左の先発候補として期待されましたが

2年目は好投しながらも打線の援護に

恵まれずに3勝10敗と大きく負け越しました。

 

そして3年目の2016年シーズン途中から

中継ぎに転向しています。

 

理由は単に先発としてなかなか

勝てなかったのもありますが

やはり2015年にメジャーに移籍した

それまでの虎の守護神であった

呉昇桓 (オ スンファン)投手が大きいでしょうね。

 

呉昇桓 投手のメジャー移籍に

それまで呉昇桓投手と共にセットアッパーを

務めた福原忍投手の引退も重なり

阪神のリリーフ陣の台所事情は一気に

厳しいのもとなり

リリーフ陣の再構築が必要でした。

 

現代のプロ野球では強固なリリーフ陣

なくしては試合には勝てませんからね。

 

そこで左腕であると言う利点と

岩崎投手と同じ同期入団の岩貞祐太投手

のブレークもあり

先発として今一つ殻を敗れずにいた

岩崎投手に白羽の矢が立ち

今季の中継ぎとしての起用となったと言うワケです。

 

タイガースの左のリリーフは

当時2015年からFAで中日から獲得した

高橋聡文投手だけでしたからね。

 

たた2017年の今季は

岩崎、高橋両左腕投手の活躍とは

対照的にタイガースの左の先発陣は

散々たる状態でした。

 

特に左のエースとして期待された

岩貞投手の不振や能見篤史、岩田稔の

両投手の高齢化もあり

左の先発投手としてシーズン通じて

まともに機能したのは能見投手一人

と言う状態であり

タイガースの先発陣、特に左の先発陣の

再構築が急がれています。

 

タイガースのウィークポイントは

間違いなく大きいのを打てる右の大砲と

そして左の先発ですからね。

 

そこで再び左の先発候補として

白羽の矢がたったのが

中継ぎとして大ブレークした岩崎投手でした。

スポンサードリンク

 

なぜ以前先発として通用しなかったのか?

岩崎投手は何故以前先発投手として

通用しなかったのでしょうか?

 

確かに岩崎投手のストレートは

速くはありませんがキレがあります。

 

またそこまでコントロールも悪くはありません。

 

しかし当時先発では芽が出なかったのは

一重にスタミナでしょうね。

 

岩崎投手は2017年の今季実に66試合

投球回数にして70イニング以上投げています。

 

あのセットアッパーの桑原投手でさえ

今季かなり投げましたが

それでも投げた試合数は67試合であり

投球回数も65回と2/3なので実は

桑原投手よりも岩崎投手の方が投げた

回数は多いのです。

 

これだけイニングが多くなったのは

岩崎投手の場合はイニング跨ぎが

多かったのも起因していますが

それにしても凄いスタミナと体力ですよね~

 

素直に尊敬し脱帽します。

逆に桑原投手同様に来季が心配なくらいですよ。

 

まあ、これはタイガースの他の

リリーフ投手にも同じ事が言えますが・・^^;

 

話がちょっと脱線しましたが

何が言いたいのかと言うと

先発としてのスタミナとリリーフとしての

スタミナは違うと言うことです。

 

例えばリリーフで数十試合に登板

できるだけの体力やスタミナが

あるからと行って先発として通用する

と言う考えは早計です。

 

そもそも先発とリリーフとでは

求められるスタミナの要素が違います。

 

リリーフに求められるスタミナとは

毎日短いイニングを少ない球数で

全力かほぼ全力で投げられるスタミナ。

 

逆に先発に求められるスタミナは

100球くらいの球数を6~8割の力で

コンスタントに投げ続けられるスタミナ。

 

先発とリリーフとではスタミナの定義が違うワケですね。

 

それで岩崎投手がリリーフで通用して

先発で失敗した理由は大体球数にして

80球を超えた辺りから球威が衰え

始めていました。

 

それと先発投手としては球種が

少なすぎですね。

 

リリーフするのなら余程球威がある

パワーピッチャーは例外として

5~6種類は欲しいところです。

 

球種が少なくピッチングが単調に

なりやすく最初は良いが打者の打順が

3巡くらいしたらよく打たれていました。

 

打者が球筋に目が慣れるからですね。

 

この様な理由で岩崎投手の

先発は一度失敗しているワケです。

 

もっとも先発として好投した試合も

結構あるので

一概には言えれまえんが

先発として伸び悩んだのは

80球を超えた辺りから球威とキレが

落ち始めるのと

その辺りから打者が大体3巡目くらい

なので打者の目が慣れるのも重なり

打たれて失点していたのが大体の理由です。

 

先発に挑戦するのならバッタバッタと

ピッチングスタイルを大きく変える必要があります。

 

三振を取りまくっていたリリーフ

から少ない球数で打たせて取る球種の会得と

長いイニングを放れる投球術の習得が

絶対必要になってくるのは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

 

今後は?

タイガースは来季の先発構想の中に

岩崎投手が入っているのは

先程説明した通りですが

これは何も必ずしも先発として

2018年の来季に使うと言うワケではなく

先発としてテストも兼ねて準備して

いているのが実情です。

 

先発として準備していれば

仮に先発に失敗してリリーフに戻っても

戻りやすいですが

リリーフで準備していて先発に挑戦させて

失敗すると先発にするのは無理がありますからね~

 

また岩貞投手の復活が今の時点では

まだ不透明な為と能見、岩田両ベテラン左腕

も来季はどうなるか分からないので

その保険と言う意味合いも当然あるでしょう。

 

ただ岩崎投手が先発に再挑戦すると

左のリリーフ投手が高橋投手だけに

なってしまうので

岩崎投手の代わりになる左の中継ぎ投手

が表れなければこの岩崎投手の

先発再挑戦の話は立ち消えると思いますよ。

 

ポスト岩崎

ポスト岩崎の候補としては

同じ左腕の若手である島本浩也投手

中堅の山本翔也投手が候補となって来ますが

島本投手はスペりやすく

山本投手は今季の秋季キャンプから

サイドスローに転向していますが

まだ結果はピリッとはしていませんので

この2人次第によっては岩崎投手が

今後も引き続き左の中継ぎをする事になる

ので岩崎投手の先発挑戦の話は

全て後継となる左のリリーフ投手が

出てきてその目処がない限りないと言うのが

現在の見解ですねー

 

まあ仮に来シーズンは先発として

使われてもちょっと厳しいかも知れませんね。

 

と言うのは先発とリリーフとでは

役割分担が違いますし

リリーフにはリリーフの難しさが

先発には先発の難しさがありますが

現実としてプロでは先発として

ダメでもリリーフで活躍するパターンは

多いですが

逆にリリーフから先発に挑戦して

結果を出すのは難易度やハードルが

前者よりも上がりますからね~

 

もっとも岩崎投手のリリーフでの経験は

先発に挑戦しても生きると思いますし

それで先発に成功したらそれはそれで

チームとしては御の字だし

仮に先発に失敗してもリリーフでは

通用するのが分かっているので

またリリーフに戻ってくれば良いだけの

話なのでそこまで悲観的に考える事はないと思います。

 

それにソフトバンクの千賀投手など

リリーフから先発に転向して成功した

投手もいますからまだ若い岩崎投手にも

可能性の話として期待したいところですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はタイガースの高橋投手と並び

左の中継ぎエース的の存在である

岩崎優投手のお話でした。

 

阪神は現状投打とも若手が出て来て

いますが左のピッチャーとなると

先発もリリーフも数が少ないのが現実で

今季台湾球界NO1左腕である

呂彦青(ル イェンチン)投手を獲得しましたが

彼は即戦力ではなく素材型で将来が

楽しみな選手ですが現状は1軍の外国人枠

の問題もあり本格的に使えるは

最短でもエースのメッセンジャーが

日本人枠になる2019年なので

まだ当分先です。

 

今季のドラフトでも外れ1位で大学NOの1

左腕の立命館大学の東克樹 投手を狙って

いましたがDeNAベイスターズに一本釣り

されてしまいました。

 

現状では悲観的な台所事情である

阪神の左の先発ですが

果たして岩崎投手は左の先発として

先発でも虎の救世主となるのか?

 

左も含めた先発陣の立て直しが急務であり

それが出来なければタイガースの来季も

リリーフ陣に相当な負荷をかける事に

なるので阪神の先発陣の奮起と

岩崎投手の先発再挑戦の動向を今後も

見守りたいと思います。

 

虎吉としては岩崎は若いので先発再挑戦は

話としてはアリだと思いますが

引き続きリリーフで使って貰いたいと言う気持ちも強いのですよね・・^^;

 

まあそれで失敗してもリリーフに

戻ればよいだけの話なので

失うモノは何もないと言う気持ちで

岩崎投手にはしっかり頑張って貰いたいですね!

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。