浅村栄斗(西武)のFAの移籍先は阪神?年俸の推移やFAランクも!

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

こんにちわ、虎吉です。

プロ野球が終わり世間は師走になり

今年の終わりまで後僅かになりましたが

気持ちはもう来年に飛んでいる虎吉です。(笑)

 

ところでネットとかで

来年の阪神の情報を漁っていたら

気になる情報がいくつかありました。

 

その中の1つが埼玉西武ライオンズの

主力選手でもあり看板選手の

浅村栄斗内野手が2018年オフにFAを

行使し他球団に移籍する可能性に

ついて触れていました。

 

今回はその西武の浅村栄斗内野手が

果たしてFAで阪神に移籍する可能性

はあるのか?

 

また現在の年俸や年俸推移など

FAランクに関係する話などを

取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

浅村栄斗(西武)のFAの移籍先は阪神?

浅村栄斗内野手は今季の球団との

契約更改で複数年契約を選ばず

単年契約を選択したましたが

これは順調に行けば来季に取得する

FA権の行使も視野に入れての

含みを持たせての選択だったと

捉える人が多く虎吉もそうだと思いました。

 

ただ絶対FA権を行使して他球団に移籍するのか?

 

と言われれば絶対とは言い切れません。

 

西武としても主力の浅村選手の流出は

避けたいだろうから全力で慰留に

務めてくるでしょう。

 

果たして浅村選手が来季西武に残留する

かは年俸やら条件面での

兼ね合いになるでしょうが

個人的には移籍にしろ残留するにしろ、

FA宣言はするのではないかと考えています。

 

FAは選手の権利だと言いますが

プロの選手でFAの権利を取得できるのは

全体の一部だけです。

 

選手と球団は基本球団側に主導権が

ありますが

選手に主導権がある唯一無二の

瞬間がFAです。

 

残る残らないは別として

球団の評価だけではなく

他球団の評価も聞いてみたいと

思うのが心情と言うものではないでしょうか?

 

それに球団によってはFA宣言をしたら

残留を認めない球団もありますが

西武は場合はFA宣言後の残留宣言を

認めている球団ですから

取り敢えずは宣言はするのではないでしょうか?

 

浅村選手がFA宣言した場合、

阪神や巨人、ソフトバンクなど複数の

球団が獲得に名乗りを上げ大争奪戦が

起きるのは間違いないでしょう。

 

阪神が浅村を必要とする理由?

阪神が浅村選手を必要とする理由ですが

現状阪神のセカンドには

西岡、上本、糸原、植田、大山といますが

他にも森越、荒木、それに

DeNAベイスターズから

移籍した山崎選手もいます。

 

しかし山崎選手はDeNAにFA移籍した

大和のスペア的な意味合いが

強く守備固めやレギュラーを休ませる

時にスタメンに代役で出場するのが

メインの起用になると思いますので

ここでは話題に取り上げません。

 

これは森越や荒木も然りでしょう。

 

阪神の内外野で固定できているのは

三塁の鳥谷と外野の糸井、福留の

ベテラン3選手だけであり

セカンドも今季上本選手が頑張りましたが

完全な奪取とまでは行かず

セカンドも含め虎のセンターラインは

相変わらず不透明なままです。

 

タイガースとしては守備だけではなく

打撃も一流の浅村選手を欲しがる理由は

ここにあると思います。

 

確かに阪神の金本監督は若手の育成に

よるチームの底上げをテーマに挙げて

おりこれは就任当初からブレてはいません。

 

ただだからと言ってFAや外国人補強を

否定しているかと言えば

そうではなく単に

育成を最大限に補強は最小限にと

言う意味であり外部からの血を

受け入れる事に否定的な立場ではないと言うことです。

 

また阪神は来季は優勝を狙っており

メジャーや韓国で活躍したロザリオ選手

を獲得しましたが来年活躍はしてくれる

かと言うと外国人と言うのは取り敢えず

使ってみないと分からない部分があるので

現状ではまだ分かりません。

 

金本監督は得点力不足に嘆いていましたが

来季も同じ状態が続く様であれば

FAで浅村選手に白羽の矢を立てて

来る可能性は十分に高いと思います。

 

そしてこれには阪神の

現状も大きく関係しています。

 

浅村選手のポジジョンはセカンド

ですが阪神のセカンドは

上記に挙げた選手達がいますが

次からは現在の状況とそれぞれの

対比になりますが

一つづつ見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

西岡剛

先ず西岡剛ですが

彼が実績、実力共にセカンドの

レギュラーの最右翼に喰い込んでくる

最右翼の筆頭候補の1人である事は変わりありません。

 

守備だけではなく打撃も良いですし

かつては千葉ロッテで

スイッチヒッターで200本安打も

達成しておりゴールデンクラブ賞の

常連でもありメジャー経験もあります。

 

打撃は良いが守備に難がある

上本や糸原よりも余程計算が立つでしょう。

 

ただ西岡には難点があり

怪我しやすい事が挙げられます。

 

ここ数年は怪我に見舞われ

阪神に入団時には推定2億円あった年俸も

今季の契約更改では7500万円まで

下がりました。

 

来季は34歳で年齢的にはまだまだ

できる筈ですが

ここ数年の毎年の様に怪我での離脱を

考えていたら西岡をレギュラーで

年間通じて固定するにはちょっと

不安があるのは事実です。

 

確かにスペらなければ彼こそが

阪神のセカンドどころかショートで

さえも任せて良い程の適任者なのですが・・

 

上本博紀

西岡選手と並んで阪神のセカンド

のレギュラーの候補に挙がるのは

この上本選手でしょう。

 

小柄ながらパンチ力のある打撃は

一発もあり相手バッテリーには脅威

であり魅力ですが上本の場合は

何でもないゴロをトンネルしたり

する事があります。

 

最もこれも以前に比べれば

かなり減って来ており

以前は年間17個も後逸した年が

あったりしましたが今季は1個だけです。

 

ただ大事な場面でしたりするので

守備に関してはその様なイメージが強いです。

 

それと上本も西岡選手同様、

汚しやすくまた打撃フォームが猫背気味で

ホームプレートに寄る姿勢なので

デッドボールの多い選手でもあります。

 

年間通じてレギュラーとして

試合に出れるだけのスタミナや体力に

疑問がありその点さえクリアできれば

彼も西岡選手と同じでセカンドのレギュラー

に一番近い選手の1人なのですが・・

 

また本来なら鳥谷選手が三塁にコンバート

されたので西岡選手がショートで

上本選手がセカンドで固定できていたら

阪神のチーム得点力は相当上がったと思います。

 

まあ、そこは中々上手くは行かないものです。( ;∀;)

 

西岡も上本もスペらなければ・・

 

あと上本も来季は順調に行けば

FA権を取得しますので

大和同様に状況次第によっては

他球団に移籍する可能性もあり今後の予断を許しません。

スポンサードリンク

 

糸原健斗

糸原選手はルーキーですが

大卒で社会人を経由して来ており

明治大学では高山外野手、坂本捕手の

1学年上の先輩でもあります。

 

プロに入ったのは高山、坂本の1年後なので

プロでは後輩になりますが(笑)

 

シーズン途中に怪我をして離脱しましたが

それまでは抜群の打撃センスで

チームの勝利に貢献してくれました。

 

糸原選手はプロのストレートに力負け

しない力強いバッティングが魅力で

その上変化球にも対応できるのが

強みなのですが

彼も守備に不安を抱えている選手です。

 

どちらかと言うと阪神では守備型の

選手の極みってDeNAベイスターズに

移籍した大和選手でしたが

糸原選手はその反対の攻撃型の選手です。

 

今後糸原選手がセカンドであれ

シュートであれレギュラーを奪取するには

守備力を相当挙げて行かないと厳しいと思います。

 

植田海

ご存知今季シーズン終盤から

一軍に挙がり活躍した植田選手です。

 

植田選手はプロに入ってから

課題であった打撃を克服するために

スイッチヒーターに転向し

今オフは体作りに専念する為に

アジアウインターリーグの参加も見送りました。

 

足と守備は抜群の天性のセンスを

誇っており一軍では即使えるレベルです。

 

ただ彼はチームの構想的には

セカンドではなくショートを守らせたい

と言うのが現場首脳陣の考えだと思います。

 

植田選手がセカンドを守るのは

遊撃のついでではありませんが

出場機会を増やす為とかその辺なので

金本監督も植田選手は北条、新人の熊谷選手

と共にセカンドよりもショートで使いたい

と言うのが本音だと思います。

スポンサードリンク

 

大山悠輔

新人にして阪神の4番を務めた大山選手です。

 

大山選手は秋季キャンプでは内野の

全ポジジョンを練習していましたが

正直守備力や捕球のセンスは尋常では

ないのでセカンドで使えない事はないと

思いますが彼の打棒を生かすのなら

内野だったら3塁か1塁が適任だと思いますが

来年は阪神の1塁は新外国人のロザリオが

決定しておりそうなると大山選手が

出場機会を増やす為にはセカンドも

守る事も前提になってきます。

 

ただ大山選手はずっとセカンドで置いて

良い選手ではないと思いますね。

 

彼の本職は元々サードなので阪神のサードは

現在は鳥谷敬選手ですが

金本監督も来季からは鳥谷選手も

福留選手同様に休め休め使うと公言しています。

 

これは明らかにサード大山を意識しての事なのは間違いないでしょう。

 

大山選手も行く行くは鳥谷選手の

後釜としてサードのレギュラーに

なって行く選手なので

現状では一時凌ぎとしてセカンドを

守らせる事はあっても

固定するつもりは現場にも毛頭ないと思いますね。

 

浅村選手が阪神に移籍する可能性は?

さてここまで挙げた阪神側の理由ですが

要は阪神のセカンドの現状は

西岡・・最右翼候補筆頭だがスペりやすいが怪我さえなければ計算できる。

上本・・同じくスペりやすく体力、スタミナに不安。

糸原・・打撃は及第点も守備に不安を残す。

植田・・そもそも遊撃が前提なのでセカンドはオマケみたいなもの。

大山・・試合の出場機会を増やす為の一時的な措置。

 

その他

山崎、森越・・基本守備要委員であり縁の下の力持ち存在で居て貰わなければ困るが立場的にはサブ。

 

どうです?

 

阪神の二遊間がどれだけ不安定かは

これで分かったと思います。

 

強いチームはセンターラインが必ず固定されています。

 

金本監督もいきなりスグに

センターラインが固定できるとは思っては

いませんが何時かは固定しなければ

ならない時が将来やって来ます。

 

1塁は外国人、3塁は鳥谷がいますから

二遊間だけでも固定できれば

相当強くなると思います。

 

もし阪神が来季二遊間やチーム得点力に

不安を残す場合はセカンド浅村が必要になる筈です。

 

浅村選手は走攻守全てが揃っており

守備でもゴールデンクラブ賞

獲った事もありますから

阪神にとってはこれ以上ない

人材でもあります。

 

それで浅村選手が阪神に移籍してくれる

可能性ですが決して低くはないと思います。

 

理由

・浅村選手は阪神の地元大阪出身の選手。

・阪神はFA移籍選手には引退後も厚遇のケースが多い。

・確実ではないが阪神ファンとの情報あり。

 

浅村選手は阪神の地元の大阪出身の選手

でありまた阪神タイガースには

浅村選手の出身高校である大阪桐蔭出の

選手が何人かいます。

 

阪神で大阪桐蔭出身の選手と言えば

藤浪晋太郎、岩田稔、西岡剛、西田直斗

などがいます。

 

確かに西武にも大阪桐蔭出身の選手が

多いですが阪神も地元だけあって

少なくはないです。

 

なので浅村選手も来やすい土壌が阪神にはあります。

 

また阪神はFAで移籍してきた選手には

引退後も厚遇で迎えるホワイト球団で

全てとは言いませんがその傾向があります。

 

それは広島からFA移籍した金本監督

見ていても分かるし

福留孝介選手はFA移籍ではないですが

引退後は休養期間を置いて間違いなく

阪神の監督を務めると思いますし

糸井嘉男選手も引退後は阪神で何らかの

要職に就く事が予想されます。

 

保証の無いプロの世界ですから

これは結構魅力的に見えると思いますし

阪神が浅村選手をFAで獲得する時は

将来引退後の面倒も込みでその辺りの

約束手形を発行する事も十分考えられます。

 

また浅村選手は阪神ファンとの未確認の

情報がありますが

これが本当なら決定的な要因とは行かずとも

阪神にとっても有利に働く要素くらいにはなるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

阪神以外に浅村選手を狙う球団は?

さて阪神以外に浅村選手はどこでしょうか?

 

それは恐らくですが巨人ソフトバンクだと思います。

 

巨人

巨人のセカンドはマギーがいますが

サードを守っていた村田修一選手を

自由契約にしたのでマギーが来季はサードを

守る事になると思います。

 

巨人は取り敢えず良いFA選手は

なりふり構わず獲りに行くので間違いなく

浅村選手獲得に動くでしょう。

 

それが巨人と言う球団ですからね。

 

若手育成を掲げて3軍制を敷いたのに

これでは意味がないと思いますが・・(´・ω・)

 

ソフトバンク

ソフトバンクも浅村選手狙ってくるでしょうね。

 

何故ならソフトバンクの二遊間は

ショートの今宮選手がいますが

二塁だけは固定できておらず今季も

複数の野手でやり繰りしていました。

 

これに浅村選手が加わるとどうなるかは

想像しただけでも容易に判断がつきます。

 

阪神がこの2球団に競り勝って

浅村選手を獲得するには相当な

マネーゲームを覚悟しなければ

なりませんが阪神はロザリオ選手の

2年9億円の契約を見ても分かる様に

必要だと判断した選手には出し惜しみを

しませんので資金的には十分戦えると思いますが果たして・・?

 

浅村選手の年俸は?

浅村選手の2018年度の年俸は

2億1000万円で前年よりも5500万円アップです。

 

もしこれがFAとなれば

年俸は4億か下手すれば5億円は

覚悟しなければならないでしょうか・・?

 

年俸推移

浅村選手の年俸推移ですが

2009年・・600万円

2010年・・600万円

2011年・・750万円

2012年・・2400万円

2013年・・3500万円

2014年・・8600万円

2015年・・7800万円

2016年・・1億円

2017年・・1億5500万円

2018年・・2億1000万円

 

これ以外でも契約金は5000万円

ありましたから

現時点でのプロでの年俸合計は

6億7750万円となります。

 

浅村選手は高卒でプロ入り10年目の

まだ28歳で既に一般のサラリーマンの

生涯年収以上の金額を稼いでいますね。

 

さすがプロ野球、夢がありますわ。^^;

スポンサードリンク

 

浅村選手のFAランクは?

浅村選手の年俸ですが

最初に西武は年俸5億円のメヒア選手が

いますが彼は外国人なので

FAの対象には入りませんのでここでは除外します。

純粋に日本人選手だけを対象として説明すると

 

西武全体では

1  中村 剛也・・2億8千万円

2  菊池雄星・・2億4千万円

3  秋山翔吾・・2億2千万円

この3人が上位3傑でFAランクはAランクとなります。

 

4  浅村栄斗・・2億1千万円

浅村選手は全体では4位で

人的補償が発生するBクラスと言う事になりますね。

 

まあ、浅村選手の程の高額年俸の選手に

なればAクラス、悪くてもBクラスは

確実でしょうし浅村選手程のクラスの

選手を獲得するのに

無血というのは虫が良すぎるでしょうからね。

 

獲得に関してはある程度の

痛みは覚悟しなければならないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は埼玉西武ライオンズの

看板選手であり

2018年度のFA市場の目玉選手である

浅村栄斗選手のお話でした。

 

阪神は現状若手育成によるチームの

底上げによる強化に重きを於いており

それは球団だけではなくファンも

望んでいるので間違ってはいませんが

必要なところは外部からの血を受け入れる

事によりそれがチームの刺激にもなり

活性化にも繫がると思います。

 

阪神で監督を務めた星野さんが

トレードをしないチームは強くはなれない

と言っていましたが

これは外部からの血を受け入れる事に

よる効果と言っているのでしょう。

 

一番良いのは阪神が来季二遊間の

問題が解決する位に若手が育って

活躍する事でしょうが

いきなり1年でそこまで行くのは

困難でしょうし本当に阪神が強いチーム

として完成するにはまだ5年はかかる

と言う意見もあります。

 

常勝軍団となった広島カープも

いきなり短期間でここまで強く

なったワケではないので

あながちあり得る事かもしれません。^^;

 

それをちょっとでもFA補強で短縮できたら

お得と言うかアリとは思いません?

 

浅村選手の今後の動向に注視しながら

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。