上本博紀(阪神)の年俸が安くてFAランクがヤバイ?今後はFA移籍する可能性も

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

こんにちわ、虎吉です。

 

今回は阪神の誇る上本博紀選手です。

上本選手は小柄ですが

パンチ力があり今季は打つ方でチームに

存分に貢献してくれました。

 

今回はそんな上本選手の年俸面や

来季2018に於けるFAランクに

順調に行けば2018年のシーズン中に

取得するFA権で他球団に移籍する可能性

などに焦点を絞り取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

上本博紀(阪神)の年俸が安い?

上本博紀選手は今季入団以来つけていた

背番号を変更してシーズンに臨み

125試合に出場し二塁のレギュラーを掴みました。

 

上本選手は金本監督と同じ広島県の出身で

高校も金本監督と同じ広島広陵高校です。

 

高校卒業は大学に早稲田大学進学

東京六大学リーグで活躍後

ドラフトでタイガースに入団は阪神の

選手会長も務めるなど生え抜きの選手として

チームへの貢献度は非常に大きい選手です。

 

それで今回の契約更改でも結構上がるかな?

って思っていたのですが

イザ蓋を開てみたら推定ですが

1000万円アップ4300万円で終わりました。

 

この時虎吉は何か違和感を感じました。

 

上本選手ってゴロをトンネルしたり

守備にちょっと難があったり

また怪我とかしやすくフル出場はちょっと

難しい選手ですが

それでもこれまでの貢献度を考えたら

ちょっとこれは安すぎない?

って思ったからです。

 

確かにプロは1年毎の勝負ですから

前年の成績はリセットして

また新しいシーズンに望まなければ

なりませんが

それでも今シーズンの成績を考えたら

もうちょっと上げてあげても良い気がします。

 

まあ、これは個人的見解なので

上本選手がこれに納得していれば

良いのですが

ネットでもファンからは安すぎる

と言った声が多かったですね。

 

そして何よりも気になったのが

来季2018年に於ける阪神のFA取得者の事です。

 

FAランクがヤバイ?

来季は順調に行けばFA権利を

上本、エースのメッセンジャー投手、

鳥谷選手に能見投手の以上4名が取得します。

 

予想ですが

どう考えてもメッセ、鳥谷、能見さん

の3選手は年齢的にも現在の起用方法の

環境を考えたらFAでタイガースを

出ていく理由はありません。

 

なので大丈夫でしょう。

 

一方上本選手ですが

こちらはちょっと微妙です。

 

まず今年阪神が誇る守備職人の大和選手が

FA宣言しDeNAベイスターズに移籍しましたが

大和選手の今季年俸は推定5000万円

 

阪神の中では上位10傑に入りますので

大和選手はBランクでDeNAから

人的捕手を受けるのですが

上本選手の推定で4300万円と言うのは

タイガースの選手の年俸ランキングの中では

どの順位なのでしょうか?

ちょっと見てみましょう!

 

阪神年俸ランキング

1、糸井嘉男・・4億5千万円

2、鳥谷敬・・4億円

3、福留孝介・・2億2000万円

4、藤川球児・・2億円

5、能見篤史・・1億2千万円

6、藤浪晋太郎・・1億2千万円

7、西岡剛・・7500万円

8、高橋聡文・・7000万円

9、岩田稔・・5300万円

10、藤川俊介・・5000万円

11、岩崎優・・5000万円

12、桑原謙太朗・・4500万円

13、上本博紀・・4300万円

 

この中でリリーフ陣のリーダー格である

藤川投手に

先発としてシーズン終盤にローテーを

支えた岩田投手は契約更改はまだですが

今の年俸5300万円が上本選手の年俸以下

に下がる事はさすがに考えられず

どう考えても上本選手は年俸ランキングでは

人的保証が発生しないCランクの選手に

なってしまいます。

 

他球団は欲しがるのか?

ではここで問題として上本選手が

FA権利を取得したとして

獲得に名乗りを上げる球団があるのか?

ということです。

 

上本選手は今季125試合に出場し

本塁打9本、打点38得点、打率284

と言う好成績の残しています。

 

何より阪神の野手陣の中では

WARがトップクラスです。

 

セ・リーグ全体を見ても上本選手は

このWARで14位にランクしています。

参照

 

因みにWARとは野球の指標の事で

そのポジションの代替可能選手と比較して

どれだけチームの勝利数を上積みできたのか?

を見る指標でこれは一本的には

2.0の数値がレギュラークラスでは

平均ですが上本選手の場合はこれが

な、何と4.0もあるんですよ!

 

4.0って数字は指標的には好選手か

オールスタークラスの選手の数値です。

 

反面、上本選手は打撃はレギュラークラス

ですが守備に難があり二塁の守備では

ゴロを後逸した事が年間で16回もあった

シーズンがあるほど守備に難があるイメージです。

 

実際今季も終盤のDeNA戦でゴロをトンネルし

それが原因でチームが負けた事があるのですが

その時は金本監督から名指しで非難されていました。

 

ただ後逸自体は今シーズン1個しか

していないので守備自体は下手では

ないのですが大事な場面でエラーを

したりそれが原因でチームが負けたり

するのでその様なイメージが強い

のだと思います。

 

ただそれを差し引いても

あのパンチ力のある打撃は魅力ですよね。

 

年齢もまだ31歳と若く

まだまだ全然現役を続ける事ができ

何より二塁が弱いチームとかは

人的補償が必要なBクラスだったら

手は出さなかったでしょうが

人的保証が発生しないCクラスと言うのなら

話が全然変わってくると思います。

 

年俸も安くCクラスの上本は

欲しがるチームは出て来る可能性があります。

 

また上本を阪神から引き抜くことにより

阪神の戦力を確実にダウンさせる事も

できますからね。

スポンサードリンク

 

今後はFA移籍する可能性も

ここで問題なのは上本は

FA権利を取得したらFA権を行使して

タイガースを出ていくのか?

これですよね。

 

現時点ではまだ分かりませんが

多分ポイントとして金本監督が上本を

来季のどの様に起用するのか?

これにかかっていると思います。

 

例えば大和がFAで阪神を出て行く決意

を固めた決定的な事態だったのは

DeNAとのCSで自身に

代打糸原を送られた事だったのではと

ネットでは言われていましたが

確かにあれで大和選手のプライドは傷ついた

でしょうし能見投手もシーズン後の

トークショーであの事で大和が怒っていたと

カミングアウトしていましたから

案外当たっているのかも知れません。

 

ですが大和選手とは上本選手は

真逆のタイプです。

 

大和選手は守備は良かったが

打撃に難があった。

上本選手は打撃は良いが守備に

若干難がある。

決して守備自体は下手ではないの

だけれども競っている時に

されるトンネルとかはチームの

勝敗にダイレクトに響くので痛いです。

 

金本監督は上本選手の打撃は信頼

しているでしょうが

上本選手の守備は絶対的には信用して

いない気がしますね。

 

なので来季接戦の試合展開の時は

上本選手に守備固めを送る事も

十分予想されます。

 

その為の山崎憲晴選手を獲得した

のでしょうし。

 

また上本選手はレギュラーの座も

確約されてはおらず

来季は西岡、大山、糸原、植田

セカンドのポジションを競争しないと

ならないのです。

 

これに更に森越、荒木、西田もいます。

板山も内野を練習していましたから

どうなるか分かりませんしね。

 

上元選手が守備が上手く

シーズン通して怪我なく過ごせる

強い体とスタミナがあればレギュラー

も確実に確約されたでしょうが

現状のままではいずれ若手の影に

埋もれてしまって行く様な気がします。

 

ならば上本選手が試合の出場機会

求めて他球団にFAで移籍する事は

十分に可能性がある話として浮上してきます。

 

またちょっと来季2018のFA市場で

気になる選手がいるのですが

その選手の存在も上本選手の今後を

占う上で重要になってくると感じています。

 

その選手とは西武の浅村栄斗内野手です。

 

浅村内野手は主にセカンドを守って

いますが内野ならどこでも守れる守備センス

を誇りまた守備だけではなく走攻守三拍子が

揃っている選手で間違いなく2018年に於ける

FA市場の目玉となる選手です。

 

浅村選手もFAの事を意識してか

球団とは複数年契約ではなく単年契約を

結び来季FA権取得を当然意識していると

思います。

 

浅村選手がもし来季西武をFAで出て行く

事態になれば複数球団による

争奪戦が勃発するでしょう。

 

その時西武の浅村内野手の獲得に

敗れた球団が次に狙う選手は誰だと思いますか?

 

来年セカンドで注目選手は

西武の浅村内野手の他に中日の堂上直倫選手

日本ハムの田中賢介選手などがいますが

田中選手は歳なので獲得球団はないでしょうし

今シーズンの成績では来季は正念場ですから

それどころではないでしょう。

 

また堂上選手は新人の京田陽太選手

台頭もあり今季は出場機会が激減しましたが

彼は元々の年俸も安くこちらもFAランクは

Cランクなので

来季の成績次第では状況は変わってくる

ので今は何とも言えれません。

 

守備力は打撃はともかく守備力が

あるので上本選手とは反対のタイプ

なので必要とする球団もあるでしょう。

 

仮に浅村選手がFA宣言し獲得に敗れた

球団が狙うのは同じセカンドであり

年俸も安くCランクの上本選手や

堂上選手だと思いませんか?

スポンサードリンク

 

上本がFA宣言する理由は?

もし仮に上本がFA宣言し阪神を

出ていく時はどんな時でしょうか?

 

虎吉的には3つの理由があると思います。

それぞれ考えてみましょう。

 

金本監督の中堅軽視?

金本監督は就任以来生え抜きの

若手の育成にチームの底上げを

提唱しており

それに尽力し結果を出してきました。

 

また福留、鳥谷、糸井のベテラン勢も

積極的に起用し結果を出しています。

 

しかし中堅はベテラン、若手の板挟み

になっているイメージがあり

中堅はチャンスがない様に一部では

言われています。

 

しかしこれは違うと思います。

例えば大和ですが

大和がスイッチに転向したのは

金本監督が勧めたからです。

 

また何だかんだと言われても

それなりに大和をスタメンで使っていますし

相応のチャンスは与えています。

 

そして同じく中堅の俊介選手。

 

俊介もシーズン後半から一番中堅に

固定し結果を出しています。

 

なので金本監督が中堅を軽視していると

言うのはこの場合全く当て嵌まりません。

 

要は若手にも中堅にも皆平等に

チャンスを与えるが

実力が同じなら若手の方を使うと言う

事だと思います。

 

出場機会を求めて?

また上本選手がFA宣言する

もう1つの理由として考えられるのは

大和同様、試合の出場機会

求めての移籍になると思います。

 

上本も既に30歳を超えいつまで

現役ができる保証はありませんから

レギュラーをして出られるのなら

そこに拘るのはプロならば当然だと思います。

 

しかし阪神での上本選手は

レギュラーは確約されておらず

来季は不透明の状態です。

 

現時点では流動的ではありますが

来季の上本の起用次第によっては上本が

FA宣言する可能性は高いと思います。

 

阪神が浅村選手獲得に動く?

また考えられるもう1つの理由として

阪神自体が浅村選手のFA補強に動いた時です。

 

そしてもし浅村選手を阪神が獲得する

自体になれば上本はいよいよ出場機会を失う事となります。

 

そうなると上本が出場機会を求めて

FA宣言するには十分な理由になると思います。

 

もし阪神が浅村を獲得すれば浅村選手は

人的補償が発生する選手で

上本は浅村とポジションが被るので

阪神がプロテクトリストから上本を外す

可能性だってあるワケですから。

 

ただ金本監督はFAでの補強は否定していませんが

「育成を最大限に補強は最低限に」

を断言していますので

浅村獲得は若手育成を掲げる

金本監督の流儀に反しますし

日本ハムの中田獲得を見送った理由の

1つに若手のチャンスを奪ってしまう事も

あったそうなので

阪神が浅村獲得に動く時は来季相当打線が

打てずに得点力が壊滅的だった時でしょうね。

スポンサードリンク

 

ポイント

これまでの上本選手のFA行使の

ポイントとしてあげると

・若手との兼ね合い→金本監督は中堅を軽視しているワケではないが中堅を優遇するワケでもない。レギュラーは実力で奪い取るもの。

・出場機会→来季若手との競争に敗れ出場機会が激減したら。

・西武の浅村選手→阪神がFAで浅村選手を獲得したら。

 

これらが今後上本選手がFA行使の

ポイントとなってくる筈です。

 

ただ今はまだシーズンが始まっても

いないので不透明の状態なので

これからの動向に注視したいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は阪神の上本博紀選手の

2018年に取得するFA権のお話でした。

 

ただ金本監督と上本選手って同じ広陵高校

の先輩後輩なんですよね。

 

因みに俊介選手も同じ広陵高校の先輩後輩になります。

 

それもあって俊介選手がFA権を取得した

時も俊介は出ていかないと言う謎の確信がありました。

 

なので上本選手がFA権を取得しても

高校の直接の先輩後輩の関係で

出ていかない事を思いたいですが

こればっかりはちょっと分かりません。

 

まあ上本選手が来季獅子奮迅の如く

活躍して好成績を残せば

こんな問題は起こらないでしょうから

ウエポン頼んだよ~( ´>ω<)人

 

来季は虎のリーサルウエポンになってくれ!(笑)

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。