横田慎太郎(阪神)が育成契約で年俸や背番号は?今後や現在の画像も!

スポンサードリンク







この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

こんにちわ、虎吉です。

秋季キャンプも終わりに近づいていますね。

そんな中続々とタイガースの

選手達が契約更改を終わらせています。

 

まだ2軍1軍半若手が先で1軍クラスは

その後なのですが

1つ思うのは2軍で幾ら数字を出しても

1軍での実績がなければ年俸は

上がらないと言う事です。

 

現状維持は良い方で下手したら減俸ですからね。

 

やはりプロは1軍で結果を出してナンボですね!

 

そんな中、今年脳腫瘍から回復を果たし

復帰した期待の若手の1人である

横田慎太郎選手が支配下登録を外れ

来季は育成契約になる事が判明しました。

 

今回はその横田慎太郎選手年俸

育成での新しい背番号何番になるのか?

 

そして気になる今後現在の状態や

支配下への復帰可能性などを

探って行きたいと思います。

スポンサードリンク

育成契約で年俸は?

まずシビアな話になりますが

横田選手は今回の育成契約で

70人の支配下登録を外れるので

年俸は激減します。

 

横田選手の年俸推移ですが

2013年のドラフト2位でタイガースに

入団し契約金6000万円で初年度の

年俸は720万円でした。

 

なので年数順に表すと、

2014年:年俸720万円

2015年:年俸720万円

2016年:年俸720万円

2017年:年俸870万円

プロ在籍4年間で年俸総額は3030万円なります。

これに契約金も合わせると9030万円ですね。

 

しかし来季2017年からは育成契約なので

プロ野球では

1軍選手の最低年俸は1300万円

2軍選手の最低年俸は440万円

 

これは70人の支配下登録選手の場合の話です。

育成選手の場合は支配下の70人の枠を

外れているので現状何人でも無制限に

保有する事はできますが

その分、活躍できない時は1年でクビに

なったりする事もあるので

支配下選手よりも厳しい環境になります。

 

その育成選手の最低年俸は240万円です。

これは最低年俸なので選手により

差はあるでしょうが、

育成なのでそこまでの差はないでしょう。

参照

 

その他育成選手は年俸面だけではなく

待遇などの諸々の面でも支配下の選手とは

違って様々な制約がつきますので

嫌なら認められて支配下を勝ち取れと

言うことになります。

 

タイガースは今オフから歳内宏明選手

育成契約になりましたが

横田選手の今回の育成契約に関しては

ネットの世界では育成になるのでは?

と以前より噂があったので

そんなには驚かなかったです。

 

むしろ支配下選手のままだと

横田選手本人も焦るだろうから

まずは育成でゆっくり体を作って欲しい

と言う球団からの配慮もあるのかも

知れません。

 

それに横田選手の脳腫瘍は現状寛解

の状態ですがこれは完全な完治と言うワケ

ではなく現状再発の可能性は低く

取り敢えず再発する見込みがないので

完治と見なしている状態です。

 

なので球団としては

これからの辛いリハビリや再発の

可能性を考慮して引退も考えたみたいですが

横田選手が現役続行を強く希望したのと

金本監督が「俺が面倒見る!」と

球団を説得したと言われています。

参照

 

これはちょっとグッと来る話でしたね。

とにかく横田選手には今は育成でもいいから

とにかくリハビリして体を鍛えなおして

欲しいですね!

 

※追記

その後横田選手の育成契約について

続報が入ってきて横田選手は

来季から育成契約で間違いありませんが

年俸は現在と同じ870万円で据え置かれるのだそうです。

 

また横田選手が付けていた背番号24番

当面の間「欠番」扱いとし将来

横田選手が支配下に戻った時に備える様です!

参照

 

これ異例と言うか特例中の特例で

阪神ってもの凄いホワイトな球団ではないですか?

 

普通の球団だったら育成は間違いない

ですが年俸を現状維持にしておくって

ありえませんし、

下手すると戦力外で解雇ですからね。

 

これは球団上げて横田選手のカムバック

応援すると言う意志の表れだと思います。

 

虎吉は益々タイガースが好きになりました!( ;∀;)

 

背番号は?

横田選手の背番号は現在は24番ですが

今後育成になるとこの24番は剥奪され

背番号は3桁になります。

 

虎の24番と言えば桧山進次郎さんも

つけていた由緒ある番号なので

これを継承した横田選手への球団の

期待度が分かります。

 

また支配選手の場合は

0番から99番までの二桁台の

番号を付けれますが、

育成なので100~以上先の背番号となります。

 

過去阪神の育成選手が付けていた背番号は

西田直斗選手が133番

原口文仁捕手が124番

島本浩也投手が126番

田面巧二郎投手が116番

 

因みに上記の選手は全員、

その後育成から支配下に戻りましたが

残念ながら田面投手は今年戦力外と

なりましたね・・

 

なのでタイガースの傾向として

育成選手に割り当てる背番号は

どうも100番台前半の若い数字を与える傾向の様です。

 

まだ横田選手の育成での背番号は

まだ発表されてはいませんが

おそらく110~130の間くらいに

収まるのではないのでしょうか?

 

これは同じく支配下登録から育成に

なった歳内選手も同じだと思います。

 

確かに悔しいでしょうが、

育成であろうとプロはプロですから

横田選手には堂々と胸を張って育成の

背番号を付けて欲しいと思います。

 

現在のところ横田選手が育成で

背負う背番号はまだ未定ですが

横田選手が付けていた背番号が24なので

これに1をつけて124番の背番号

を付けても良いのではないでしょうか?

 

虎の背番号124番と言えば原口選手が

育成時代に付けていた

縁起の良い背番号でもあります。

スポンサードリンク

今後は?

横田選手は今後は育成から再び

支配下を目指す立場となりますが

支配下への復帰の可能性はあるのでしょうか?

 

まず横田選手の現状を考えた時、

現状体力を戻す事が第一になるので

それが出来たらその後は徐々に

体力をつける練習と平行し実戦練習

などやっていくでしょうから

けっこう時間がかかると思います。

 

だって早期復帰できるとしたら

今回育成契約にはなっていないでしょう?

 

横田選手本人の懇願や金本監督の

説得もありましたが

球団も復帰できる可能性があると

思っているから

育成契約にしたのだと思いますし。

 

ただ球団も半年、1年で戻ってこれるとは

考えていないでしょうし

横田選手の現状を考えたら

早期復帰は無理があるでしょう。

 

まあ、若いので体力自体は戻る

のは早いでしょうが

球団も金本監督や2軍の矢野監督

焦らすつもりはないでしょうから

まずはじっくりリハビリに取り組む

事になるでしょうね。

 

支配下への復帰はいつ?

因みに過去同じ脳腫瘍から復帰した

盛田幸妃投手は当時の横浜から

近鉄にトレードされた1998年に脳腫瘍を

発症して手術しましたが

2軍の試合への復帰には1年かかっています。

 

そして1軍への復帰はその後すぐに

実現しましたが

まともに1軍で働ける様になるまでに

3年程かかっています。

 

盛田選手の場合はかなり重いタイプの

脳腫瘍だったので横田選手と比べる

のはちょっと違うかも知れませんが

1つの参考にはなるかと思います。

 

なので横田選手が若いと言う事を

考慮しても練習試合や2軍での試合自体

への復帰は早いでしょうが、

支配下への復帰いつ?となるとやはり

1~2年はかかるのではないのでしょうか?

 

横田選手今後は頑張って早く支配下に戻って

早く1軍のグランドでプレーする横田選手を

見たいものですね!

スポンサードリンク

現在の画像

ヤバ、ちょっとウルってきそうになった。

筋肉が落ちたせいか

 

ちょっと痩せた様には見えますね・・

 

でも元気そうで良かったです。

焦らなくても良いので先ずは

無理だけはせずにしっかり体を作って欲しいですね。

横田選手には多くの阪神ファンがついている!

関連記事

横田慎太郎(阪神)の消えた理由と頭痛の理由が脳腫瘍だった?現在の状況と復帰の可能性は?

横田慎太郎(阪神)の復帰時期はいつ?入院していた病院や再発の可能性は?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は支配下から育成契約になった

横田慎太郎選手のお話でした。

 

横田選手は糸井2世と言われ

そのポテンシャルは誰もが認めるところです。

 

金本監督は若手の育成と底上げを

掲げており、

その構想の中にはきっと横田選手も

含まれていると思います!

 

タイガースの若手は中谷、大山、

陽川、江越、北条など右打ちの若手は

多いですが左打ちの若手となると少なくなります。

 

横田選手は走攻守三拍子揃った左打ちの

選手で3割、30本、30盗塁のいわゆる

トリプルスリーを阪神でできる

ほどの身体能力を持っている選手は

現在のタイガースでは

横田選手江越選手の2人だけだと思います。

 

そう考えると今回の横田選手の育成は

別に残念な知らせではなく

新たなる成り上がり伝説の始まりだと思っております!

 

だって後はこれ以上落ちる事はなく

あとは這い上がるだけでしょう?

 

横田選手にはその力や運は十分あります。

鳴尾浜に行けば横田選手の姿を見る事が

できますが行った人はどうか暖かい

声をかけてやって下さい。

 

その暖かい声援が横田選手の支えになり

またになるでしょうから。

 

そして期待の若虎が1軍の

グランドに帰ってくるその時を

いつまでも待ちたいとおもいます。

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうござしました。

では次回またお会いしましょう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。