中田翔電撃トレードで阪神に移籍?交換要員となる虎の選手は誰?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

こんにちわ、虎吉です。

ドラフトが終わりに静かになるかと

思っていましたが我らがタイガースの

周辺はまたにわかに騒がしくなってきました。

 

その理由はここに来て今シーズンオフに

FAで阪神が獲得を狙って一度は撤退した

日本ハムの中田翔内野手の所属する

日本ハムと阪神との間で中田翔内野手

トレード話が浮上してきたからです。

 

今回はこのトレードの信憑性や実現の可能性、

もし実現の場合は中田翔内野手の交換要員

として代わりに日本ハムに行く選手は誰に

なるのか?

その辺りを検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

中田翔電撃トレードで阪神に移籍?

確かに阪神タイガースは今シーズンに

FA権を取得した中田をFAで獲得する

方針を一度は決めていました。

 

しかし金本監督が若手重視の姿勢を打ち出しており、

中田が阪神に来るとなると一塁のポジションで

そうなると中田の為に阪神の生え抜きの若手が

一人試合出場の機会を失い金本監督が

考える若手育成の機会が一つ失われる事と

なります。

 

阪神球団内でも一時中田選手の獲得の

ための資金を20億円用意したと言われて

おり獲得には本気を見せていたのですが

金本監督や現場の意向が強く働き一旦は

立ち消えとなっていたいました。

参照

 

阪神の思惑

しかし今季の阪神は若手が着実に育って

来たとは言え、打線を見た時やはり

得点力不足は明白であってチャンスに

得点が入らないケースも多々あり

今季優勝を逃した要因に

・先発投手陣の崩壊

・打線の得点力不足

・期待していた外国人の失敗

これらが挙げられます。

 

確かにタイガースのチームでの得点力は

昨年よりも上がっていはいますが

それでも全体的に見ればやはり打線の

破壊力にかけた打線と言う他はないです。

 

因みにタイガースの2017年のチーム得点数は

本塁打が113本に得点が559得点でした。

セ・リーグ全体では4位の実績です。

2017

 

昨年の2016年のチーム本塁打は90本で

チーム得点数は475得点でセ・リーグ全体では

5位であった事を考えると今年は

大分マシにはなってはいますが・・

2016

 

この通りタイガースの打線を見た時に

打線の得点力不足や効果的な一発が

打てる打者がいない事は大きな問題となっています。

 

外国人選手の失敗

タイガースは今季キャンベルロジャース

などを獲得しましたが両者とも期待はずれに

終わりロジャースの場合は最初こそ

活躍しましたがスグに相手バッテリー

に外の変化球が苦手である事がバレ

打てなくなりました。

 

シーズン途中からタイガースに来たものの

使われたのは最初の頃だけで

後はほとんどを2軍で過ごすハメと

なり失敗に終わりました。

 

またロジャースは体格の割には

中距離ヒッターであり、

金本監督が切望するパワーのある

長距離打者ではなかったのも大きかった

と思います。

 

ロージャスはまた活躍した方ですが

キャンベルに至ってはシーズンの最初だけ

ちょっと使われましたが

後はシーズンの全てを2軍暮らしと言う

状態でしたからね。

 

キャンベル年俸7000万円

ロージャース年俸3300万円。

二人合わせて1億円以上の無駄使いで終わりました。;つД`)

 

阪神は外国人の投手とかは

当たりを引くし上手く育てたりも

していますが、

これが野手になるとどうして

こうも外れのオンパレード何でしょうかね?

もう訳が分からんです。(笑)

 

こんな事はなら年までいたゴメス

クビにせずのこしておけばよかったのに

と思った阪神ファンはきっと多かった筈!

 

日本ハムの思惑

日本ハムはその歴史を見ても

ダルビッシュ投手や大谷投手、

更に現在阪神にいる糸井選手なども

最初は日本ハムにいましたが

ある程度の選手に育ち年俸も高くなると

他球団に放出する球団でもあります。

 

理由はまず日本ハムのスタンスとして

選手に払う年俸はかつて日本ハムの

球団社長が公言した事があるのですが

5億円が限界との事です。

 

確かにメジャーで活躍するダルビッシュ投手が

日本ハムに在籍していた時の最高年俸は

5億円でした。

 

もっともこれは別に日本ハムに限った事では

なくどこの球団でも一人の選手に対して払う

年俸は5億円台を上限にしている球団は多いです。

 

金本監督の現役自時代の年俸は5億5000万円

でしたし、ソフトバンクから巨人にFA移籍した

杉内俊哉投手の年俸も5億円でした。

杉内投手はその後故障があり

年俸が激減しましたが・・

 

阿部慎之助選手が2014年の年俸

6億円が近年では日本人選手の最高年俸と

なるみたいですがこれは例外みたいです。

 

歴代を見てみると

メジャーに移籍する前の

横浜の絶対的な抑えであった

佐々木主浩投手6億5000万円

日本選手の年俸では歴代トップです。

 

後は松井秀喜選手の巨人在籍時の

最高年俸が6億1000万円の2位で

その次に阿部慎之助選手6億円

メジャーから広島に復帰した

黒田博樹投手の現役最終年の年俸

が同じく6億円でした。

参照

 

こうしてみると日本のプロ野球の

球団が選手一人に払える年俸の

MAXは球団によっても若干開きは

あるものの5億円~6億円が現在の限界値

と言ったところでしょうね。

 

無理すればもっと払えると思いますし

それが可能な球団も当然あるでしょうが、

もし一人の選手に仮に年俸10億円とか

してしまうとそれが前例となって

それこそメジャーの様に上限の無い

マネーゲームになる可能性があります。

 

それはプロの各球団が望まない事でしょうし

それもあり各球団で一応年俸5億円が上限値

みたいな暗黙の了解みたいなものが

日本のプロ野球にはあります。

 

つまり球団にとっては年俸が高すぎる

選手は球団側にとっては負担であり

経営を圧迫する要因以外の何者でもありません。

 

それでもメジャーで活躍できそうな選手は

ポスティングでメジャーへ放出した方が

少なくとも球団にはお金が入るしメリットはあります。

 

この様に日本ハムは選手の年俸がある程度

高くなるとポスティングやもしくはFAなどで

その選手の商品価値がある間に

球団から良く言えば卒業、悪く言えば追い出しています。

 

そして年俸の安い若手を育ててそれを

戦力にして将来優勝を狙い、その若手が

年俸が高くなると今回の様に放出と・・

そんなループを延々とやっているのが

日本ハムと言う球団でりこの球団の気質です。

 

また日本ハム今年のドラフトの

目玉であったは清宮選手を獲得

できた事によっていよいよ

中田選手が不要になったとも言えます。

 

スポンサードリンク

中田翔の思惑?

中田選手は以前から自身がFA権を

取得したら日本ハムを出ていくと

言うのを周囲に公言していたみたいですね。

 

元々高校野球のスーパースターであり

大阪の名門である大阪桐蔭の4番で

大阪には慣れ親しんでいます。

 

ドラフトでも阪神から指名され競合の結果、

日本ハムに入団した経緯があり

また阪神の監督である金本監督とは

故郷が同じ広島出身と言う事もあり

金本監督が広島カープに在籍していた頃

より行きつけのトレーニングジム

アスリートで共に汗を流した仲と言うことも

ありプライベートでも付き合いがあると

言われています。

トレーニングジム アスリート

 

また阪神タイガースには

中田選手と同じ大阪桐蔭出身の

選手が複数おり中田からしたら

飛び込みやすい環境とも言えます。

 

因みに阪神の大阪桐蔭出身の選手は

藤浪晋太郎西岡剛岩田厚西田直斗

などが現在タイガースに在籍しています。

 

中田選手本人も将来メジャーで活躍後に

日本に帰ってきて阪神でプレーして

現役を引退したいと希望を持っていたと

言われています。

 

まあ少なくとも2014~2016年の

中田選手ならその可能性は

あったかもですが現在の中田選手が

メジャーで活躍するとは到底思えませんが・・

 

しかし本人も今は以前の様な

メジャー志望はないと思いますよ。

 

根拠は身近に大谷翔平と言う怪物

見ていたらとても自分では勝負に

ならないと内心思っているでしょうからね。

 

しかも中田選手の足と守備力ではメジャー

では評価はされないと思います。

 

それに加えて膝とかに故障を持って

いるので間違いなく尚更敬遠されるでしょう。

 

メジャーは打てるだけの選手は評価されません。

メジャーでは打つだけではなく

守備も足もある程度は備わっている事が

要求されそういう意味では日本よりも

基準が更に厳しい世界と言えます。

 

しかも前年にどれだけ実績を残そうが

次の年に成績が悪ければ問答無用で

戦力外かトレードと言うシビアな世界です。

 

中田選手は現在28歳ですが安定した

日本での生活を捨てメジャーに

挑戦できる意志がどれだけあるでしょうか?

 

虎吉的にはないと思います。

20歳前半の中田選手ならその

気概はあったかも知れませんが

結婚し守るモノが出来て年俸も

3億円近くになり年齢的にも30歳手前に

なった中田選手はその気持は薄いと

見ています。

 

今年のWBCの時に中田はホテルに

ウオシュレットがない事に不満を吐露

していましたが、そんな事ではとても

ではないですが向こうで

結果が出ずに3Aに落とされた時に

ハングリーな過酷な生活をするのは

無理じゃないのかなと思います。

 

メジャーでなくとも3Aでも中田クラス

のパワーの打者はゴロゴロいるでしょう。

その証拠に3Aの選手が日本に来て活躍して

いますがあれが全てだと思っています。

 

となると中田選手は必然的に

FAでの国内球団の移籍の道を

模索するのは当然の流れだったのでしょう。

 

阪神のメリットは?

中田選手を仮に獲得するにしても

阪神のメリットはなんでしょうか?

 

阪神からしたら今回のドラフトで

清宮幸太郎選手を獲得できなかった

のが全てだと思います。

 

それと並行して韓国リーグから

元メジャーの外国人を入団させ様と

しているみたいですが

外国人選手って取り敢えず使ってみないと

分からないところがあるので

未知な部分が多いのです。

 

他国のプロで実績があるからと言って

日本のプロで同じく結果が出せるとは

限らないのです。

 

それなら同じ日本人で元甲子園のスター

であり実績もある中田選手の方が

まだ計算できると言うものでしょうからね。

 

しかも中田選手はニヒルなイメージを

持っているので集客効果も期待でき

その意味では球団経営にも貢献できる存在でしょう。

 

では中田を受け入れる事によって

生じるデメリットは何でしょうか?

スポンサードリンク

デメリット

中田選手を阪神が獲得するに

あたって生まれるデメリットは

何と言っても若手の出場機会の枠が

一枠減ると言う事があるでしょう。

 

ただこれについてはそこまでナーバスに

なる必要はないのかなと思います。

 

と言うのもセ・リーグは早ければ

2019年にもパ・リーグと同じDH制度

を取り入れると言われています。

参照

となれば現状でも野手8人のオーダーに

外国人を入れて残り7人。

これに中田選手を入れれば残りは6人の枠。

 

しかしDHが2019年から導入されれば

外国人がDHで中田選手が一塁としても

野手の枠はまだ残り7枠となり一枠増える

事になります。

 

現状福留選手や糸井選手、鳥谷選手などの

ベテラン勢は全試合フル出場は無理であり

休ませながら使わないとならないでしょうから

このDH制度導入は阪神にとってはかなりの

メリットがあります。

 

こう書くとデメリット書いたつもりが

DH導入のお陰でメリットとなりますね。(笑)

 

しかしもう一つデメリットはあります。

中田選手の性格と素行です。

 

中田選手は昨年日本ハムが優秀争いを

していた最中に打てなかった時期があり

試合中になんと試合放棄をして球場を去った

言う前代未聞の事態を起こしています。

 

これはTVでも当時やっていましたから

間違いないです。

 

本人は2軍落ちを覚悟したそうですが

日本ハムの栗山監督が中田選手を庇い

何の罰則もなかったそうですが。

 

彼は日本ハムの4番で球界を代表する打者です。

もしこれと同じことを阪神でやったら・・

阪神には金本監督片岡コーチなど

武闘派のコーチが多いので日本ハムの

様に寛容な措置では済まされないでしょう。

 

最も中田選手もタイガースに来てまで

日本ハムの様に好き勝手はしないと思いますが・・?

 

また若手に与える影響も懸念されるところです。

中田選手が阪神に来て派閥と言うか自身のチーム

を作り若手を遊びに連れ回したりでもして

それが若手の練習や試合での成績に影響が

出たらこれも球団としても黙ってはいられない

事態となるでしょう。

 

最もこれもそこまで心配する必要はないかと思います。

タイガースには選手にも中田選手の

高校の先輩である岩田投手西岡選手

いますから中田選手の性格からして

高校の先輩の言う事は聞きそうですから

西岡選手あたりをお目付け役として

付けておけば大丈夫かなと・・!

 

仮に西岡選手の手に余っても

日本やメジャーでも活躍し

現在阪神の主将を務める福留孝介選手

もいますし日本ハム時代の同僚であり

先輩でもある糸井嘉男選手

今季2000本安打を達成した

生え抜きのレジェンドである鳥谷敬選手

などがいます。

 

このお三方は現役を引退しても

将来、阪神の球団幹部の座が約束されて

いるタイガースの重鎮達です。

 

中田より年長でありプロでの実績も

それぞれスゴイ人達です。

 

これらのBIG3の面々からしたら若造の

中田選手が勝手なことをするのを

許す筈がないので日本ハムほど素行の

心配はしなくても大丈夫だと思います。

 

だって日本ハムってスグに高額年俸の

選手を放出するから日本ハムには

中田を怒れる選手はいなかったでしょう?

 

しかし阪神にはその存在の監督、コーチ、

選手がゴロゴロいます。

 

それに阪神ファンも大人しくありませんから

中田選手が好き勝手やってチームに迷惑を

かけたらファンからも非難轟々の嵐になります。

 

中田選手もこの環境の元で日本ハム

みたいに不満分子として好き勝手、

わがまま放題の真似はできないでしょう。

なのでデメリットはあって無い様なものでしょうか?

 

それに中田選手本人に取っても先の

見えない日本ハムよりも

一時的に年俸が大きく下がっても

現役引退後の生活を考えると

阪神に来て関西での人脈を築いて

いた方が今後の為ではないでしょうか?

スポンサードリンク

交換要員となる阪神の選手は誰?

ここでもし中田と日本ハムがトレードを

した場合ですが阪神から中田選手の

交換要員、つまり中田選手の

交換相手とし日本ハムに移籍する

阪神の選手は一体誰になるのでしょうか?

 

日本ハムが中田選手を出す場合

考えられるのは中田選手に対して

1対2かそれか2対2の交換トレード

になると思いますね。

 

阪神からは中田選手クラスに見合う

選手はと言うと

先ず日本ハムが欲しいのは先発投手です。

 

それも若ければ若い程良いでしょう。

育成に定評のある日本ハムなので

年俸が高額なベテラン投手を

獲らなくとも安い有望な若手投手を

獲得してそれを育てると言うのも

一つの手です。

 

幸い阪神の2軍には将来有望な若手投手が

多く日本ハムからしたら羨望の眼差しで

見ていると思います。

 

ざっと見てもMAX157キロの3年目の望月投手

MAX153キロの1年目の才木投手

奪三振率の高い同じく1年目の福永投手

来季の飛躍が期待される右の2年目の竹安投手

同じく左の島本浩也投手がいます。

 

他にも身長があり角度のあるストレートを

投げる藤谷投手もなど有望な若手投手が非常に

多く極端な話、日本ハムが中田選手の見返りに

これらの選手を複数望んでくると可能性すら

ある訳です。

 

もちらん、タイガースとしては絶対NO

立場でしょうし彼等は将来の阪神を

背負って立つ若虎なのでタイガース的には

それ以外の選手で話をまとめ様とするでしょうね。

 

能見さんとかはないと思いますね。

日本ハムも欲しい選手とは思いますが

今季阪神の先発陣の中で唯一年間通じて

ローテーションを守ったのは

能見さんただ1人だけです。

 

リリーフがしっかりしている

タイガースの様なチームならば

能見さんはまだ後2,3年は確実に

先発投手ができます。

 

また年俸が高額な事もネックとなると思いますよ。

 

となると予想ですが岩田稔投手

リリーフをこなせる伊藤和雄投手

先発、リリーフ両方がこなせる

榎田大樹投手などが候補に上がって

くるのではないでしょうか?

 

岩田投手には引退後の阪神の

指導者のポストを用意して説得する

などすればもしかしたら本人も同意

するかも知れません。

 

これからの阪神は若い投手がドンドン先発、

リリーフに参入して来て岩田投手の

出番は減少する可能性もありますから

それなら岩田投手も出場機会がある

他球団でやってみたいと考える可能性もあります。

 

これにプラスして野手では

江越大賀外野手陽川尚将内野手

緒方凌介外野手などこのあたりが候補に

入ってくるのではないでしょうか?

 

また原口文仁選手ももしかしたら

リストに入るかも知れません。

何故なら一塁と言うポジションが

中田選手と被るからです。

 

また原口選手は元々は捕手なので

腰の状態を考慮して1塁にコンバート

されましたが、昨シーズンは虎の

正捕手に最も近かった存在ですし

打力もあります。

 

今季正捕手の大野選手が抜ける可能性が

高い日本ハムがその点をどう考えて

いるのかも気になるところです。

 

阪神側はこれらの選手の中から

投手1人+野手1人、

もしくは投手2人。

日本ハム側は中田翔選手1人か

それかもう1人誰か選手を付けて

1対2か2対2のトレードで落ち着くと思います。

スポンサードリンク

 

関連記事

阪神タイガース(2017-2018)FAで獲得を狙う選手を予想!

阪神タイガースドラフト会議(2017)指名予想!本命や外れ1位は誰?

阪神タイガース(2017)トレードはある?最新情報や予想も!

阪神タイガース新外国人候補2018を調査!補強を狙う選手は誰?

阪神タイガース戦力外予想(2017-2018)通告候補の引退選手は誰?

呉昇桓(オスンファン)メジャークビで2018年阪神に復帰の可能性は?

中後悠平(なかうしろ)投手の嫁がかわいい!現在やマイナーの年俸は?

野上亮磨投手のFAのランクや獲得は可能?人的補償で西武に移籍する選手は誰?

大和FAで阪神が人的補償で獲る選手は誰?大和がDeNAを選んだ理由は?

阪神大和がFAする理由や移籍する球団はどこ?今後や阪神に残る可能性は

阪神大和はFAで移籍球団はソフトバンク?虎が人的補償で獲得する選手は誰?

山崎憲晴内野手の嫁や子供は?ハマの守備職人は阪神のポスト大和?

ウィリンロサリオ内野手の年俸と成績は?試合動画や阪神入団の可能性は?

オズワルドアルシア外野手のメジャー成績や阪神入団は?MLB試合動画や弟がスゴイ!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は中田翔選手の阪神に電撃トレードの

可能性についてのお話でした。

 

元阪神の監督で現楽天の星野仙一氏は

トレードをしないチームは強くはならない

と言っていましたが、今季の阪神を

見たいたらトレードではありあませんが

FAで加入したきた糸井選手の働きが

本当に大きかったのも事実です。

 

常に新しい血を外部からも必要に応じて

入れる積極性もチームに刺激を与え

活力をもたらすのだとすれば

トレードもアリだと思います。

 

しかし中田選手獲得の為には

クリアすべき問題が他にもあるので

実現するかどうかは分かりませんが

日本ハムは過去にもポスティングでメジャー

移籍を公言した現阪神の糸井選手を

オリックスにトレードしたりしして

いるのでどんな行動をしてくるのか

分からない球団でもあります。

 

阪神タイガース、日本ハムに中田選手、

この3者の思惑がどう複雑に絡み合い

今後どの様な形となって行くのか現時点では

また不明ですがこれからもその成り行きを

注視したいと思います。

 

長くなりましたが今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。