秋山拓巳(阪神)の彼女や結婚は?今年覚醒した理由は何?

スポンサードリンク







この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

こんにちわ、管理人の虎吉です。

我らが阪神タイガースは残り試合が3になり

後は巨人と中日とのそれぞれ試合を

残すところとなりました。

 

そして昨日の試合でとうとう巨人に勝ち2位

確定しました!

しかし昨日の試合は初回に上本選手が

巨人の畠投手に頭部にデットボールをぶつけられ

波乱の幕開けとなりましたが

これがタイガースの選手が奮起したのか

勝利しましたね。

 

優勝できなければ何位でも同じと言う声も

ありますがAクラスで2位だとCSファーストステージ

は地元のホーム球場で試合ができるので

このアドバンテージは大きいと思います。^^

 

さて今回の話しは虎の若き右腕エースの

あっきゃまんこと秋山拓巳投手です。

 

今回は秋山投手の彼女の存在や

結婚などや今季覚醒した理由などを

探って行きたいと思います。

スポンサードリンク

 

秋山拓巳の彼女や結婚は?

https://twitter.com/December_KONOE_/status/910448195158675457

 

秋山投手には彼女はいるのでしょうか?

気になるので早速調べてみました。^^

 

そして結果ですが、

調べた限りは彼女の存在は見つからなかったです。

 

しかし秋山投手は現在はどうだかは

分かりませんが過去には彼女が居た

という事を秋山投手本人の口から

明かしていた事がありますが、

その後は彼女とは別れたらしです。

 

秋山投手は現在26歳で来年には27歳

なりますし周囲の同期は結婚している

友人なども多いと思います。

 

またこれはタイガースに関わらず

どこのプロ野球の球団もそうなのですが

新人選手はプロの球団に入団すると

そこの球団の「」に入寮しなければなりません。

 

タイガースの場合は新人選手は入団から

5年間はタイガースの選手寮である

虎風荘」に入寮しなければならず

秋山投手も例外なく入団から5年間

虎風荘」にて寮暮らしをしていました。

 

但しこれは高卒の選手に限った話しで

大学社会人出身の選手となると

この期間がもっと短縮されます。

 

また独身選手なので入団前から

妻帯者の選手については免除もあるそうです。

 

秋山投手の場合は高卒独身なので虎風荘

5年間みっちりいましたが、

2014年のオフに虎風荘卒寮して

一人暮らしを始めたそうですが

寮を出てどこに転居したのかは

不明ですが独身なのでセキュリティーが

しっかりしているマンションとかでは

ないでしょうか?

 

 

で気になる彼女ですが、

秋山投手は同じチームの能見さん

の様に顔立ちとは決してイケメン

かと言われると、そうとは言えませんが

個人的には愛嬌のあるチャーミング

顔立ちしていると思いますよ。

高校時代のアダ名が「伊予ゴジラ」ですからね。(笑)

ただこれはバッティングが凄すぎて付いた

アダ名みたいですが・・

 

ですので年齢的にいてもおかしくはないのですが、

情報がないところを見ると今は居ないのかな?

それとも隠している?

 

まあ、秋山投手は去年まで1軍での実績は

余りなく背番号もそれまで付けていた

27番から46番へ代えさせてられていますし

いつクビやトレード候補のされても

おかしくはない時期が続いたので

恋愛に余りうつつを抜かす暇はなかった

と思います。

 

それに秋山投手の年俸1100万円

この年俸だと税金を引かれると

手取りは700万円切るくらいかな?

プロって球団に雇われている

個人事業主みたいなもんなので

個人トレーナー雇ったりして基本、

自分への「投資」にお金をかけます。

 

また例え年俸が下でもプロの世界では

年俸が上の後輩と食事に行く時は

先輩が後輩に奢らないといけない

暗黙のルールがあるらしく、

この交際費とかにも結構お金がかかります。

 

特に野手とかにそっぽを向かれると

こいつが投げる試合の日は打ちたくない

とか思われて本当に打ってくれなかったら最悪ですからね。

 

メジャーリーガーのイチローが良い投手と思う条件に

この投手は勝たせてあげたいと思うのが良い投手

みたいな事を以前いっていました。

プロとは言え人間ですから当然その様な感情は

あっても否定できません。

結局野球は一人ではできませんからね~^^;

 

秋山投手はストイックで有名ですが

さすがに最低限の付き合いと言うか

チーム内での政治的な意味を含めての

「外交」はしないと行けないでしょうから

必要経費はかかっていると思われます。

こう言う事も立派な自分への投資ですからね。

 

また秋山投手は年齢的にも若いとは言え、

中堅と呼ばれる部類に入ると思いますので

後輩からも相談される事もあったでしょうし。

 

それにまさかプロの選手が後輩に吉野家とか

を奢るわけにはいかないでしょうからね。(笑)

それなりのお店には行くと思いますよ。

 

なので秋山投手くらいの年俸だと

色恋に廻せるほど金銭的な余裕は

正直余りなかったと思います。

 

それにプロとして結果が出ていなかったので

恋愛よりは野球に専念していたのでは無いでしょうか?

また仮に彼女が居たとしてもちゃんと実績が

残せるまで待たせている可能性もありますしね。

 

しかし今季結果を残せましたから、

これからは本格的に恋愛解禁、もしくは嫁取りに

入るかも知れませんね!

 

やはりちゃんと食事や精神面でサポート

してくれるパートナーがいれば心強い

でしょうし、気持ちにもハリが生まれます。

 

なのでこれからはある日突然

阪神 秋山拓巳 結婚って見出しが

スポーツ新聞とかに出るかも知れませんね~( ✧Д✧) カッ!!

スポンサードリンク

 

今年覚醒した理由は何?

 

秋山投手は今季イキナリ出てきて

開幕から獅子奮迅の活躍をしました。

 

こんなに活躍できるのなら、

もっと早く活躍してよー!って

思いますが秋山投手は高卒新人で

一年目から4勝3敗の成績を挙げて

完投&完封勝利も挙げています。

 

あのメジャーに行く前のダルビッシュ投手に

投げ勝った事もあるのですよ。(^^)

 

そんな一年目だったので当時の管理人の

中では「これはスゴイ高卒新人」が出来てた!

と歓喜したことを覚えています。

 

でも当時の印象は高校時代の豪速球投手の

イメージは微塵もなく平均球速は140キロ前後

の普通のピッチャーでした。

別にスゴイ豪速球がある訳でもなく、

凄く切れる変化球がある訳でもない

ただ丁寧に投げているなと言う印象の投手でした。

 

なので当時はこのボールで勝てている方が不思議でした。

これはコントロールに気を使って投げていた

からでしょうがコントロールについては今も昔も良いですね!

ですが当時より今の方がコントロール精度

上がっています。

より細かい部分でのボールの出し入れが出来る

様になっており成長していますね。

 

逆に秋山投手は制球が良すぎてそれが弱点

なっている様な気さえします。

どういう事かと言うと相手打者が秋山投手の

ボールを余り怖がっている様には見えません。

 

これが荒れ球コントロールの悪い投手だと

ボールがどこに行くのか分からないので

打者も腰が引けますが秋山投手の場合は

コントロールが良すぎて相手打者が恐れずに

踏み込んで打ってきます。

 

相手打者が秋山投手の制球を信用している

みたいな感じで逆に言うとコレって打者から

したら当てられる心配のない

怖くない投手」とも取れます。

なので秋山投手の抜群の制球力は武器で

あると同時に弱点とも言えなくもないです。

 

そうは言っても投手はボールのコントロールが

命ですから難しいところではあります。^^;

でもそれでも抑えられると言う事は

打者との駆け引きが上手いのでしょうね。

 

ここで言う駆け引きとは

配球であったり打者心理を読んだりですね!

それに秋山投手は落差の大きいカーブも持っています

から緩急つけるのにこれも役立っていますね。

 

最近はスライダーとかカットボールとか

流行っていますがカーブの良い投手って

本当に少なくなって来ました。

 

野村克也さんも良い投手の条件に

いいカーブを持っていると成功しやすい

と仰っていましたからこのカーブは秋山投手

の中では投球の軸になっているボールの一つだと

思います。

 

そして話しを元に戻しますが

何故秋山投手は2年目から昨年までの

6年間全く活躍出来なかった理由はなんでしょうか?

そして今年いきなり覚醒した理由とは・・?

以上の説明だけでは分かりにくいので

これらをより詳細に掘り下げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

2年目以降活躍できなかった理由

これは1年目に結果を出した事への自信

などが理由になっていると思います。

 

1年目から活躍し期待された2年目に

秋山投手はシーズン前に寝違いで首を故障してしまします。

これが原因かどうかは分かりませんが

フォームを崩し不調に陥っているので

あながち無関係とは言えないでしょう。

 

そして一年目に結果を残せた理由は

スピードを我慢して丁寧にコーナの低めに

投げていた事が大きかったのですが、

覚えているのですが秋山投手はその年の

オフのスポーツ新聞の紙面でスピードアップ

を宣言しています。

 

 

これが理由としては大きかったのでは?と

考えています。

 

秋山投手は高校時代は最速150キロを超えて

おり高校球界では屈指の豪速球投手でしたが

プロに入ったら自分よりも速いボールを

投げる選手はたくさんいた事に衝撃を

覚えたと思います。

 

そして年齢も当時まだ18歳でしたから

1年目から結果を出し次に求めたのは

スピードだったと思いますね。

つまり高校時代の様に力のピッチングで

プロのバッターを抑えたいと言う

色気が出たのではないでしょうか?

 

よく速いボールや打球を遠くへ飛ばす

事は才能なので教える事はできないと言われます。

 

秋山投手が速いボールを投げる才能が

無ければもっと早く活躍できたかも

知れませんが秋山投手にはこの速いボールを

投げる下地を持っていました。

 

そして18歳と言う年齢を考えれば

鍛えればボールもまだ速くなる

余地もあったのです。

ですが今思うとこれが落とし穴になったのでは?

そう思えてなりません。

 

もっと速いボールを投げようとする余り

力任せの投球になってしまい

コントロールの精度も下がり痛打される。

そんな悪循環にハマっていたのだと思います。

 

2軍ではそれでも通用したかも知れませんが

1軍の打者はわずかなコントロールミス

見逃しません。

それが出来るから1軍にいる訳ですから。

 

なので管理人の虎吉が思うに

秋山投手の2年目以降の不調は

投手としてスピードを求める余り

力任せの投球になってしまい、

それが原因でコントロールフォーム

にも悪影響が出たのが理由として

大きかったと思っています。

 

特に速いボールを投げられる若い

投手にとってはスピードアップは魅力的な

ポイズンでしょうからね。^^;

スポンサードリンク

 

覚醒した理由

これについてはスピードへのこだわり

を捨てた事が大きいと思います。

 

秋山投手は今でも150キロ投げれますから

プロの投手としてはどちらかと言うと

速球派部類だと思います。

 

秋山投手は確かにストレートにしろ、変化球にしろ

強いボールを投げ様と言う意識を持って

腕をしっかり振ってはいますが

別にボールのスピードを出すと言う意味ではなく

あくまでもボールのキレを出そうと言う意味の

意識で腕をしっかり振っている様に見えます。

 

つまり重要なのはスピードではなく

ボールのキレコントロールであり

スピードはあくまでも二の次と割り切った

のだと思います。

この事によりプロの打者の抑え方の

ポイントと言うか要領を掴んだ様な感じがしますね。

 

どんなにボールが速くても打者を抑えられないと

意味はないですからね。^^;

 

このスピードへの意識を捨てたことにより

今季の秋山投手はフォームも力感のない

ゆったりとしたフォームとしなやかな腕の

振りから放たれるボールは実際の球速以上

に打者には見えている筈です。

 

今シーズンの秋山投手は見ていて

楽そうに投げている印象があるのですが

無駄な力を抜いたことにより全身の連動

がスムーズにいき負担の無いフォームで

生きた球を投げれている証だと思います。

 

つまりこれにより秋山投手の本来の

ボールのキレとコントロールが蘇り

今季の活躍が出来たとその要因だと思います。

 

関連記事

秋山拓巳(阪神)の国籍は韓国人?出身高校や投手なのに打撃がスゴイ!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は虎の若き右のエースである

秋山拓巳投手のお話でした。

 

秋山投手は苦しんだ時期が長い分、

野球には一軍のマウンドに飢えていると思いますし、

よく若い速球派投手にありがちな

年齢を重ね速いボールを投げれなく

なると通用しなくなり引退していく

と言った事はないと思います。

 

秋山投手の投球スタイルなら年齢を

重ねてボールの球威が落ちても

それ以外でカバーできるスタイルだからです。

 

なので秋山投手は大きな故障さえ

しなければ息の長い投手になると思います。

 

まだそんなに肩を消耗していないのも魅力ですから。

長くなりましたが今回はこの辺りで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では次回またお会いしましょう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。