糸原健斗の出身中学高校や彼女は?オープン戦評価で開幕ショート確定?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

こんにちわ、虎吉です。

昨日の阪神対楽天のオープン戦は久々に虎の快勝でしたね。

 

隼太、高山、原口、山崎と各選手がしっかり打ってくれました。

 

そして今回取り上げる糸原健斗も

昨日だけではなくこのオープン戦にしっかり結果を残しています。

 

先発かリリーフかであやふやだった

岩崎優も中継ぎとして継続が決まりましたし

除々に2018年の阪神タイガースが概要が明らかになって来ていますね。

 

それでは今回の本題である糸原健斗内野手を取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

糸原健斗の出身中学高校は?

糸原健斗内野手の出身中学高校はどこなのでしょうか?

 

調べてみると島根県雲南市大東町にある

雲南市立大東中学校である事が分かりました。

 

糸原選手自身が島根県の雲南市出身ですから

これは当然と言えば当然でしょうね。

 

そして高校は地元の開星高校に進学します。

 

開成ではなく開星ですから勘違いしないでください。

何を隠そう勘違いしたヤツがここにいます。(笑)

 

開星進学後の糸原選手は一年時よりその存在感を発揮しベンチ入りを果たし2年時と3年時には連続で甲子園の土を踏みここでまた試合がしたいと思う様になっていったそうです。

そしてその想いは後にプロで叶えられて行く事になります。

 

結局高校時代に名物監督である

野々村直通監督の元で計3回の甲子園出場を

果たし明治大学に進学をします。

 

因みに明治大学の一学年後輩に

現在阪神タイガースでチームメイトの

髙山俊外野手と坂本誠志郎捕手がいます。

 

糸原選手の方が高山、坂本より1歳

年上ですが高山、坂本は大学から阪神に

1,2位指名され入団したのに対し糸原選手は

大学から社会人野球のJX-ENEOSで2年間

野球をして阪神に入団しているので

プロでは高山、坂本より1年後輩になります。

 

高校時代に9試合連続安打や

高校通算29本塁打を放ち強打の野手と

して明治大学に進学した糸原選手でしたが

大学時代は不調や怪我などもあり思う様な

成績を残せず念願であるプロ入りも叶いませんでした。

 

それでも明治大学では4番打者として中軸を

任され大学3年時には大学全日本の代表に

選出されたりサードで東京六大学野球の

ベストナインに選ばれたりと活躍しそのポテンシャルの高さは誰しも認めるところでした。

 

しかしまさか大学の後輩の高山、坂本両選手とプロでも一緒にやるとは糸原選手も考えていなかったでしょうね。

 

こういう例って中々ないんじゃないでしょうか?

 

阪神は高山、坂本、糸原の例だけではなく

同じ社会人野球から横山、石崎と指名した

りしているので結構同一チームから指名するのが好きな球団なのでしょうか?

 

彼女は?

糸原選手には彼女がいるのでしょうか?

 

糸原選手はまだプロ2年目とは言え

大学、社会人を経由しているので

年齢も今年26歳でギリギリ若手の部類

だとは思いますが昨年怪我による離脱が

あったのもののルーキーながら活躍し

66試合に出場し甲子園の巨人戦では

サヨナラヒットを打つなどインパクトを残し

オプの契約更改では年俸1600万円で更改と

いう倍増を勝ち取っています。

 

彼女の存在は分かりませんが

年齢的には居ても不思議ではないと思います。

 

それにプロの選手ですし出会いの場は

それなりにあると思うんですよね。

 

年齢的に結婚が前提での交際になると思うのでいきなりスポーツ紙に糸原結婚と出ても不思議ではないです。

 

でも糸原選手に彼女がいるとすれば多分年上かな?

 

理由はプロ野球選手は年上の女性と

結婚する事が多いので糸原選手の

その例かなと勝手に想像してみました。(笑)

 

でも糸原選手のタイプと言うか感じ的に

姉さん女房がお似合いだと思いますね。

 

体を管理してくれるしっかりとした

女性と結婚して欲しいものです。

スポンサードリンク

 

オープン戦

現在目下のところ我らが阪神タイガースはオープン戦19試合中10試合を消化し2勝7敗1引き分けと言う散々な結果になっています。

 

投手陣は総じて頑張っていますが

野手陣が思いの他打てずに

このままではちょっと心配でしたが

そんな中オープン戦序盤から打撃好調で

アピールしていたのが糸原選手です。

 

開幕ショートの本命視されていた一人

である西岡剛選手が守備でエラーをしたり

打撃不振で評価を落としている所に除々に

存在感を見せつけていたのが糸原選手でした。

 

評価は?

糸原選手は内野手で一塁以外は

内野の全ポジションが守れますが

元々打撃が売りの攻撃型の野手であり

守備には課題があります。

 

しかしプロの一線級のピッチャーの

ストレートに力負けしない強いスイングが

できその上変化球にも対応する事ができるので

守備には少々難がありますが多少守備に

目を瞑ってでも使ってみたいと思わせる選手です。

 

とにかくバットスイングが速い上に打球も速い・・!

 

金本監督や首脳陣の評価も高くこのまま行くと

開幕ショートの座は糸原選手になる可能性は高いでしょうね。

 

ぶっちゃけ守備なんて最初から上手いに

越した事はないのですが

プロに入ってからも余程センスがないとか

でなない限り練習である程度は上手くなると思うんですよ。

 

それよりも打者ならプロの強いストレートに

力負けしない事の方が大事だと思いますね。

 

打者なら打球を遠くへ飛ばす能力、

投手なら速い球を投げる能力。

 

この2つはプロで教えてもなかなか獲得できるのは困難です。

 

野手の守備とか投手の制球とかはプロに入ってから鍛えても十分獲得できると思います。

 

それよりも大事なのは力強い打撃ができるかどうかです。

 

糸原選手はこれが最初からこれが出来ていました。

 

彼が攻撃型野手と言われる所以はここです。

 

春キャンプでも打撃で存在感を発揮し

金本監督からもロサリオ選手をもじって

コサリオと命名されていました。

 

糸原選手は今後の成長次第では

打撃では阪神のベテランの福留、鳥谷クラスの選手になる可能性を秘めています。

 

慢心する事なく精進して行けば

阪神でクリーンナップの中軸を打つことも可能でしょう。

スポンサードリンク

 

開幕ショート確定?

前述した通りライバルの西岡選手が

パッとしないので

このまま行くと守備に課題があると

言ってもそれ以上に打撃が魅力なので

開幕ショートは糸原選手で行く公算が強いです。

 

阪神のショートストップは鳥谷選手が外れて

以来一時期北条選手が肉薄しましたが現在は不在です。

 

正遊撃手がいないのでそこを西岡、植田、

北条、糸原と各選手が凌ぎを削っていますが

現在の評価では糸原選手が一歩抜きん出ている

かなと言ったところです。

 

しかし課題の守備にも磨きをかけて攻守とも

認められる選手になって欲しいですね。

 

タイガースの遊撃のポジションは

歴代名手を輩出してきた由緒あるポジションですからね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は阪神の糸原健斗内野手のお話でした。

 

阪神はショートだけではなく

一塁のロサリオ、セカンドの鳥谷、

レフトの福留、ライトの糸井とこの4名以外はまだ未定です。

 

特にセカンド並びショートは内野の要なので

早く決まって欲しいのもです。

 

センターラインが固定されていないチームは

本当の意味では強くはなれませんからね。

 

糸原選手には次代の阪神の中軸選手としての

期待がかかっています。

 

糸原選手の活躍が後輩の高山、坂本のみならず他の若手の刺激にもなりチーム全体への刺激にもあると思うので注目して行きたいですね!

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは次回またお会いしましょう!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。