須永珠代(トラストバンク)の学歴と家族は?年収などふるさと納税ブームの仕掛人を調査!

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

どーもジャガーだ。

昨日知り合いが乗っているプリウスの燃費を聞いたらリッター25キロ走るとかって言っていた。

ジャガーが乗っているヴィッツがリッター13キロくらいでエアコン付けると11キロくらい。

それでもリッター10キロ以上走るし燃費いいなー♪て思ってたんだけどプリウスって

ガソリン40リットルくらい給油できるらしいので満タンに給油すると

な、な、何と一回の給油でその知り合いは1000キロも走れるらしい。

マジかよ!ジャガーの車の倍か倍以上も走れるのかよ。(´Д⊂ヽ

 

時代はそこまで進んでいたとは。

時代の流れに取り残された気がして悲しいかな、悲しいかな。( ;∀;)

ジャガー今年で20年間乗り続けている化石の原チャリを乗っているんだけど

それがリッター35キロだからジャガーの原チャリの燃費をハイブリットカーが

抜かす日も近いかな?

車に燃費で抜かされる原チャリとはちょっと複雑だが燃費が良くなるのは地球にも

財布にも優しいからまあ、いいんじゃないかな?

じゃがーも次はハイブリット車にすると固く誓った昨日の出来事でした。W

 

ところで今回は本日6月29日放送されるカンブリア宮殿に出演される

株式会社トラストバンクの社長である須永珠代さんのお話をしたい。

 

では早速行ってい見ようか!

スポンサードリンク

須永珠代プロフィール

 

引用元:公式サイト

名 前:須永珠代(すなが たまよ)

生年月日:1974年生まれ

出 身:群馬県伊勢崎市

年齢:43歳 (今年)

 

ふるさと納税って知っている人もいると思うけど一応説明させてもらうと各都道府県や自治体に

対して個人が行う寄附行為を指す。

このふるさと納税で寄附できる市町村は自分で自由に選択することができる。

自分の生まれ育った故郷にしてもいいしそれ以外の気に入ったところにして大丈夫と言う訳だ!

 

そしてこのふるさと納税のポイントしてメリットは2つある。

・寄附した金額を確定申告を行う事でその寄附した個人の所得税や住民税から控除が受けられる。

・自分で選んだ自治体に寄附する事によりその地域の特産品や名産品または商品券やら家電商品など

 

自治体により内容は異なるが寄附してくれた事に対してお礼の贈答品を受け取る事でできる。

 

これらのメリットによりふるさと納税は人気なんだがこのふるさと納税ブームの仕掛人とも

なったのがこの須永さんだ!

 

須永さんは今年で43歳なんだが全然若く見えるな!

やはり目的を持って生きている人間って輝いているから若くみえるな。

 

それで須永さんがどうやってふるさと納税ブームの火付け役に鳴ったのかと言うと、

須永さんはふるさとチョイスってサイトを立ち上げているんだが

このふるさとチェイスってサイトが月間アクセス数1億以上のPVを

集めるモンスターサイトなんだわ。

全国1788全ての自治体のふるさと納税を掲載しており

これまでにトータルで1800万件以上の寄附を成立させてきたらしいので

ふるさと納税制度への貢献は計り知れないものがある。

 

と言っても須永さんは最初から全てが順調だった訳ではない。

 

須永さんは都内の大学を卒業後に地元の群馬に戻り就職するが1年くらいで離職している。

その後に東京に戻り10以上の様々な職種を経験した。

恐らく須永さんは一度限りの人生を他人に縛られず思いっきり生きてみたい!って

言う想いがあったんじゃないかな?

その分苦労したと思うがその時の経験が今の彼女を作っているベースに一つになっていると言っても間違いないと思う。

 

そして30代のうちに独立する!と言う目標を掲げIT系の専門学校に入学してWEBデザインの

勉強をする事になる。

 

専門学校卒業後にIT系の企業に就職したがIT系の企業って超雑ブラックが多いとは聞くが

須永さんもその例に漏れず月に400時間以上働く月があったりしたらしい。

 

ジャガーも月に250時間以上は働いているが、比べもんにならないな。

 

んで須永さんはそのIT企業で働いている時に社長にいずれは起業したい

と話すとその社長から目をかけられていろいろ勉強させてもらったそうだ。

須永さんがその社長から学んだ事はとにかく考えることの大切せだったらしい。

考えると言ってもただ考えるのではなく考え抜くことらしい。

 

ジャガーとしては単純だがこれは非常に難しい事だと思う。

と言うのも人間は答えを一つ出すと考える事を辞めるから。

答えを出すということはそこで考えるのを辞めるつまり思考停止

になると言う事も言えるな。

 

答えが出ている状態から更に色んな角度、視点から考えるのは

凡人にとっては意味がなく苦痛でしかない。

単純だけどこれが出来ている人って少ないと思うよ。

 

様々な職を転々としていた時の須永さんはとにかくやりたことがみつからない。

と言う理由で辞めていたらしいからその思考とは対極にあると言える。

 

とにかく須永さんは社長と行動を共にし社長からマインドや思考を学んで

その会社を辞めるが起業しようとしたかは分からんが須永さんの事だから

多分そうしようとしたんだと思うが今度はその直後にあのリーマンショックが

起こり世の中は不景気になり須永さんも派遣に登録して暫く貧乏生活を送って

いたそうだ。

 

1年ほど無職生活の後に2社目のIT起業に就職してそこでネットショップの立ち上げ

とかに従事して来たるべき時に備えてスキルを磨いたいた様だが

以前よりの目標であった起業を実現するべくその会社を退職し

2012年に遂にトラストバンクの起業し続けて同年にはふるさとチョイスの開設も実現している。

 

 

トラストバンクは先程言った様にふるさとチョイスを介して

ユーザーにふるさと納税の魅力を伝え自治体と納税者であるユーザーの

橋渡しをしてれるサイトだがこのふるさとチェイスの発想の原点は

地元群馬に里帰りした時に父親からお使いを頼まれて地元の

お店に行ったが頼まれた商品がないのでネットを探すと

ネットの方が在庫もあるし何より安い!

その事を父親に話すと父親から地元にお金が落ちない!と言われ

考えさせられた事がふるさとチョイスのアイデアに繋がっている様だ。

 

若い時に様々な職を経験した事。

IT会社社長から学んだ思考。

父親から言われた一言。

これらのパーツが一つでも抜けていたら今の須永さんがなかったか実現したとしてもまだ時間がかかっているかのどっちかだと思う。

そう思うと人生一体何がきっかけになるのか本当に分からないもんだと思った。

スポンサードリンク

学歴は?

次に須永さんの学歴だが高校は地元の高校で

大学は都内の大学を卒業している様だが

調査してみたがちょっと分からなかった。

すまん。m(__)m

 

須永さんは一般人なので余り情報が出廻ってないんだわ。

ネットの情報だけだと限界があるな。

須永さんは本とか出版してるので本の中にはもしかしたら生い立ちとか書いていると思うがジャガーは須永さんの本は持っていいない。

気になる人がいたらAmazonとかで売っているから購入してみるのもいいかもしれない、せっかくなので紹介しておく。

 

家族は?

さて次に気になるのが須永さんの家族構成だ。

須永さんは結婚してのか?子供はいるのか?

気になるところだがどうなのだろうか?

 

これについても調査したが情報がないっす。

若い頃は職を転々としていたから若い頃に結婚していたと言う事はないだろうし、

今現在はどうだか知らんが須永さんの経歴を見ると仕事に突っ走って来た人生だからもしかしたら独身かも知れないのだが

ただ須永さんのfacebookを辿って行っていたら2011年に幼い子どもが2人写っている投稿があるんだがその中のコメントで須永さんが「私にとって、一番大事な存在です。」

とコメントしている。これがどう言う意味なのかは分からんがもしかしたら須永さんの子供ではなく須永さんの兄弟の子供の可能性があるが現時点では何とも言えん。

それと須永さんのfacebookを見ていたらマルチーズの写真がある。

このマルチーズのワンちゃんは須永さんの会社のトラストバンクにも一緒に写っているのでこのマルチーズが須永さんの家族なのは間違いないと思う。

須永さん犬派なのかな?ジャガーは犬も好きだがどちらかと言うと猫派だ!

だからジャガーと名乗っているのよ。(笑)

じゃあ、何で猫と名乗らないのよ?って聞かれるとだって”ぬこ”ってネーム何かかわいいけど格好悪くない?(笑)

スポンサードリンク

年収は?

実はジャガー的にはこれが一番気になった。

なのだが須永さんの年収は公表されていないのよね。

 

なので推測するしかないのだが

須永さんが経営するトラストバンクの資本金が750万円で社員数は30人規模の会社らしい。

そして日本の社長の平均年収だが資本金2000万円未満の社長の平均年収は543万円と出ている。

参考本:http://yts.jp/article/0172/

 

須永さんが運営するふるさとチョイスはユーザーからアクセスがふるさとチョイスにありふるさとチョイスから自治体に納税が成立した場合に自治体より何%か謝礼が入る仕組みなのかな?

と言う事はこれまでのふるさとチョイスの累計成約数は半端ではないから相当収益を上げていると思うのだが?

 

また須永さん経営するトラストバンクはふるさと納税の紹介以外にもメディア事業、教育事業、地域活性化支援、高齢者の支援など他分野を手がけている。

いずれもこれから伸びる見込みがあるジャンルばかりだ。

 

これら全ての部門が差こそあれ収益を上げているとすれば、それなりに年収は有ると思われる。

ジャガー個人の推測だがざっくばらんに流石に1000万円くらいは年収あるでしょ?どうだろうか?

 

まとめておくと

今回のポイントを簡単にまとめると

・須永さんは都内の大学を出ているがどこかは不明。

 だが最初に就職した地元の会社には事務職として入っているので文系と思われる。

・家族構成は兄弟がいるのか?結婚しているのか?子供はいるのか?は一般人なので調査は困難で不明だが家族にマルチーズのワンちゃんがいるのが判明。

・年収は多分会社の規模やら何から想像して1000万円くらい?

以上だ。

長くなったがここまで読んでくれて感謝感激!

次回また会おう!

がおー!!

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。