植田拓(盛岡大付)の出身中学や彼女は?身長や今後の進路が気になる!

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

どーもジャガーです。

今日の甲子園の第1試合の愛媛代表の済美高校対岩手代表の盛岡大付属の試合は乱打戦となりましたね!

この試合で両チームともそれぞれ満塁ホームランが出ましたがこれは史上初なんだそうです!

両チームとも強力打線で慣らしていますからとても見応えのある試合となりました。

中でもこの試合一人でホームランを2本5打点をあげた盛岡大付属高校の3番を打つ3年の植田択外野手の活躍は一際目を引きました。

 

今回はこの盛岡大付属の植田択(うえだ たく)選手を取り上げて見たいと思います。

では行ってみましょう!ฅ( •ω• ฅ)

スポンサードリンク

出身中学は?

植田選手の出身中学は大阪府貝塚市にある貝塚市立第一中学校です。

中学の頃はシニアの貝塚シニアで硬式野球をしていました。

 

因みにこの貝塚シニアは名門のシニアで多数のプロ野球のOBを輩出している名門です。

貝塚シニア

 

植田選手は貝塚シニアで主力として活躍しておりその様な背景があるので当然将来はプロを意識し練習に励んでいたと思います。

 

そして植田選手は中学卒業後は高校は岩手県の盛岡大附属高等学校に進学します。

 

よくある野球留学ですね。

しかし何故県外だったのでしょうか?

 

植田選手ほどの実力があるのなら地元の大阪の強豪校に入ってもレギュラーを取れたと思いますが大阪は全国有数の野球の激戦区でレベルが高いので試合に出場するには時間がかかります。

それもあって県外を選んだのかも知れませんね。

後は見学に行った時に雰囲気を気に入ったとか高校は大阪から出てみたいと考えていたのかも知れません。

 

植田選手のこの選択は間違ってはいませんでした。

植田選手は1年生の背番号8を背負って試合に出場しました。

 

盛岡大付属は野球の強豪校であり植田選手以外にも全国から有能な選手が野球留学で入ってきます。

その環境下で1年時からレギュラーを奪取しているのですから実力は本物ですね!

 

植田選手は2年生の時に夏の甲子園に出場しています。

この時に第二試合の創志学園での試合で相手の高田投手の150キロを超えるストレートをホームランにし、豪快にスタンドに叩きこみ一躍その名を全国に馳せました。

余談ですがこの時に植田選手選手からホームランを打たれた創志学園高校の高田萌生投手はその年のプロ野球のドラフトで巨人から5位指名をされています。

 

荒削りながら最速154キロのストレートを投げる若き豪腕でドラフト2位までに消えると巨人の関係者は踏んでいた様ですが、どこも指名せず残っていたので指名に踏み切ったそうです。

 

その高田投手からホームランを豪快に打っているのですから植田選手は凄いです!

スポンサードリンク

彼女は?

植田選手選手は彼女がいるのでしょうか?(╹◡╹)

 

調べると事実かどうかは定かではありませんがネットの情報では「原美穂」、「ハラ・ミホ」さんと言う彼女がいるみたいです。

ネットでも・・

どうやら彼女がいるみたいですね。

しかも甲子園にまで応援に来ている。

 

盛岡大付属の試合がある時に盛岡大付属のスタンドのどこかにいると言う事ですね!(´^∀^`)

 

植田選手は顔は少し濃い目ですが筋肉隆々な肉体で高校野球で活躍していますから女性にはモテると思います。

なので彼女がいても全然不思議ではないですね。

 

ただ気になるのがこのミホさんと言う女性とどこで知り合ったです。

大阪時代に知り合ったのか高校進学後に知り合ったのか、紹介でしりあったのか?それとも幼馴染的な?様々な可能性がありますが、どれも確証がありません。

 

なので今はどこの誰だかは分かりませんが取り敢えず植田選手には彼女はいる!で間違い無さそうです!

スポンサードリンク

身長は?

植田選手の事を調べていたら何故か検索上位に「身長」って出るんですよね。

 

何故?って思ったんですが植田選手は筋肉モリモリの体なので大きく見えるので気が付かなかったのですが身長が165cmなのです。

 

ですが植田選手の場合は身長的なハンデは全くないと思います。植田選手自身プロを目指しているとどっかで公言していましたが実際植田選手のパワーのそれはプロの平均を超えています!

 

植田選手の身長こそ165cmですがそれ以外の部分は身長のハンデなんか補って余りある数値で背筋力が240キロでウエートにも力を入れておりベンチプレスも100キロを挙げます。

 

高校生でベンチ100キロって言ったら相当強いですよ!更に凄いのはパワーだけではなく50メートル走は6秒を切る俊足で遠投も120メートルの強肩です。

 

加えて高校通算60本塁打を誇り、バットのスイングスピードもプロの平均を上回る144キロです。

 

いかがですか?身長こそ高くないですがそれ以外はプロでも活躍できるポテンシャルは十分持っていると思います。

植田選手がウエートが好きなのもあるのでしょうが植田選手が在籍している盛岡大付属は東北にある学校なので冬場は雪が積もって外での練習が限られ室内練習がメインになるのでしょう。

 

その為、ウエートに力を入れている選手が多いのだと思います。

 

今後の進路は?

植田選手の今後の進路はどうなのでしょうか?

大学進学か社会人に進んで野球をするのか、それともプロを目指すのか?ですね。

 

植田選手自身はプロ志望が強くプロに行きたいと公言していましたし指名してくれる球団があればどこでも入団すると思います。

 

もし植田選手の身体的なスペックが今のままで身長が180cmくらいあったら間違いなくドラフト1位候補にもなれたんではないかなと思いますが、植田選手自身はドラフトの順位にはこだわっていない

と思います。

 

だってプロに行くのが目標でしょう?プロからドラフト1位とかで指名されるのが目標ではないからです。

 

もちろん、ドラフトで上位指名されれば気分は悪くありませんがドラフト上位でプロに入っても活躍できなかった選手は大勢います。

逆にドラフト下位指名でもプロで活躍した選手は多いです。

 

大事なのはドラフトの順位ではなくプロに入った後ですから、本当にプロを目指すのならそこにこだわるのはナンセンスでしょう。

 

植田選手は身長が低いと言うことはストライクゾーンが狭いと言う事なので相手投手は投げにくいと思います。

そしてそこに植田選手のパワーがあれば寧ろプラス要素になるかも知れませんね!( ̄▽ ̄)

 

ネットの反応

ネットでも今日のホームランは話題になっていますね!(*^^*)

スポンサードリンク

植田択経歴

ここで簡単ですが植田選手の経歴を紹介しておきます。

名前:植田択:(うえだ たく)

年齢:18歳

出身地:大阪府

身長:165cm

体重:75kg

ホームラン:高校通算60本塁打

シニア:貝塚シニア

出身中学:貝塚市立第一中学校

高校:盛岡大付属高等学校 (岩手)

ポジション:外野手

投打:右投右打

背番号:8

備考

背筋力:240キロ

50メートル走:5秒9

遠投:120メートル

バットのスイング速度:144キロ (プロ平均は130キロ台)

※プロ志望強し

その他

高校1年の春よりレギュラーでとして中軸を打っている。

今回の最後の夏の甲子園では第2試合終了時点で既に3本のホームランを打っている。

中でも2本目と3本目のホームランはそれぞれ同点、勝ち越し&ダメ押しと値千金。

 

まとめ

いかがですか?

今回は盛岡大付属の植田択選手の話しでした。

植田選手の盛岡大付属は次はベスト4をかけての試合ですが

植田選手が打棒がどれだけ活躍するのか楽しみですね。

 

また植田選手が今後プロに入るのか?これも注目されそうです。

引き続き植田選手を追って行きたいと思います。

 

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

それでは次回またお会いしましょう!

ガオー!!ฅ( •ω• ฅ)

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。