デンマーク女性記者事件と31年前邦人女性未解決事件との共通点や関連は?

スポンサードリンク







Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

こんにちわ、管理人です。

デンマークで起きた現地女性記者のキム・ウォールさん(30)

の遺体遺棄事件ですが同じデンマークで起きた事件との

共通点や関連が囁かれています。

今回はこの事件を取り上げてみたいと思います。

 

今回のデンマーク女性記者遺体事件のあらまし

今回のデンマークでの女性ジャーナリストの遺体が

見つかった事件は今月の8月23日にコペンハーゲンの海岸に

スウェーデンの女性ジャーナリストの

キム・ウォールさん(30)が首と手足を損壊された状態の

亡骸が発見され更に亡骸には鉄製の重りまで付けられていたそうです。

 

この件に対し現地当局はキムさんが直前に現地発明家の

ピーター・マドセン氏(46)の手作り潜水艦の

「ノーチラス号」を取材中に亡くなった

とされていましたが、ピーター・マドセン氏の潜水艦は

潜水航行中に沈没しており、

同艦を引き揚げて艦内を当局が検視すると人間の亡骸の

一部が発見されたことや血液検査の結果、

キム・ウォールさんのものと一致した事から現地警察は

ピーター・マドセン氏の逮捕に踏み切りました。

ピーター・マドセン氏はこの件について否認しているそうです。

スポンサードリンク

31年前邦人女性未解決事件

31年前にコペンハーゲンで起きた

31年前邦人女性未解決事件ですが

これは1986年にデンマークのコペンハーゲン港

に於いて日本人の葛飾区東新小岩に住む

豊永和子さん(当時22)の

亡骸が激しく損壊されている状態で発見されました。

 

豊永さんが当時西ドイツの臨床薬理試験会社で

当時の新型のピルの臨床試験治験者のアルバイトの

為に出国し訪れており他に豊永さん以外にも4人の

邦人女性がいたそうです。

豊永さんは西ドイツでの臨床試験終了後に

イタリア、オランダ、スウェーデン方面へ旅行する為に

「コペンハーゲンから南ヨーロッパを回る」

と日本の家族に手紙を出した後に消息が分からな無くなり

その年の秋にデンマークのコペンハーゲン港で亡骸が

見つかりました。

スポンサードリンク

共通点は?

今回の事件との共通点ですが

先ず同じデンマークで起きた事と

事件の手口が今回と31年前と共通部分が多いと言う事です。

 

しかし31年前と言えばピーター・マドセン氏はまだ15歳です。

今回の事件はともかく31年前の事件に関与しているとは

思えません。

 

ですがもしかしたらこの31年前の事件の手口を

亡骸を損壊したら身元の特定が

分かりづらくなる事から参考にした可能性もありますね。

 

関連は?

実は今回の事件で不気味なのはこれだけ

ではないのです。

31年前の豊永さんの事件では西ドイツで

豊永さんが臨床試験のアルバイトをした

臨床薬理試験会社ですがこの会社で臨床試験のアルバイト

をした2人の女性が1982年と1985年にも同じ事件に

巻き込まれているのです。

いずれも西ドイツのフライブルクで豊永さんや今回の

事件と同じ様に遺体が激しく損傷された状態で見つかっています。

参照元

臨床薬理試験会社は豊永さんの件とこの82年と85年の

事件の関連を否定していますが

ちょっと不気味ですね・・

 

現在日本人が海外で行方不明になる年間の数は

数千人と言われています。

 

日本の常識は海外の非常識と言われる様に

海外に行く時には日本の思考で考えるのは

危険なのかも知れません。

 

日本では騙す方が悪いと性善説ですが

海外では騙される方が悪いの性悪説が当たり前みたいです。

 

海外に行かれる人はくれぐれも注意して

頂きたいものです。

 

今回の事件がどうなって行くのか?

注目したいですね。

Sponsored Links

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

(中の人) 初めまして。 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 野球が好きな阪神ファンです。 趣味が生じてブログまで書く様になりました。 このブログは阪神タイガースの話題を取り上げています。 こんな感じですが宜しくお願いします。